So-net無料ブログ作成

【IAA2017】ジャガー&GKNとフォーミュラE [モータースポーツ]

床に置いてあったシェフラーの場合は別にして、フォーミュラE(FE)は壁に貼り付けるのが定番なのでしょうか。ルノーもそうでしたが、こちらはジャガー(パナソニック・ジャガー・レーシング)の例。

IMG_6099.JPG

フランクフルトモーターショー(IAA)では、フォーミュラEのサポートレースとして2018年のシーズン5(2018/19年)から、「Jaguar I-PACE eTROPHY」を始める旨の発表がありました。

IMG_6129.JPG

ベース車両は電気自動車のI-PACEです。2019年に発売予定。レースカーはベース車両と同様、前後に各1基のモーターを搭載しています。ベース車両は400PS/700Nmの最高出力/最大トルクを発生。バッテリー容量は90kWh(新型日産リーフの2.25倍)。

IMG_6079.JPG

実物はなかなかのボリュームです。

Jaguar I-PACE
IMG_6107.JPG

Jaguar I-PACE eTROPHY Racecar
IMG_6110.JPG

ホイールは22インチサイズ。

IMG_6089.JPG

I-PACE eTROPHYを紹介する公式動画です。最大20台がそろいます。



フランクフルトショーで収録したコメントを含む紹介動画↓



GKNのブースでも、パナソニック・ジャガー・レーシングのFEマシンが壁に張り付いていました。

IMG_6872.JPG

GKNは今回のフランクフルトショーで、シーズン4(2017/18年)からパナソニック・ジャガー・レーシングのパートナーとなることを発表。ドライブシャフトやデフなど、同社が得意とする技術を提供していきます。複数年契約です。

写真左はGKNドライブラインのフィル・スワッシュCEO。右はパナソニック・ジャガー・レーシングのマネージングディレクター、ジェームズ・バークレー。

IMG_6876.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0)