SSブログ

日産ノートとノート・オーラ(同アングル比較) [クルマ]

日産ノート シリーズのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)』が発売中です。

IMG_2275.jpg

同じシリーズに属しているので似ていて当然なのですが、日産ノートとノート・オーラ、個人的にはパッと見て識別できるレベルには達していません。

後ろ姿を見て、バンパーに黒い樹脂部分が残っていたら「ノートだったんだ」と認識するレベル……。

撮影の合間に、ノートとオーラを何パターンか同アングルで撮ってみました。

オーラは全幅1735mmで、ノートに対して片側20mm広くなっています。ルーフとフロントドア以外はノートと別物だそう(詳しくは『日産ノート シリーズのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)』をご参照ください)。

こうして並べてみると、顔のつくり、結構違うんですね。フェンダーの張り出し、わかるでしょうか。

ノート
IMG_2278.jpg

オーラ
IMG_2282.jpg

このアングルで眺めてみると、バンパーコーナー部のスリット、オーラは垂直なのがわかります。

ノート(撮影車)のタイヤ&ホイールは16インチ、オーラは17インチです。

ノート
IMG_2223.jpg

オーラ
IMG_2224.jpg

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、オーラはリヤドアからフェンダーにかけて、ブリスター状にふくらんでいます。

ノート
IMG_2219.jpg

オーラ
IMG_2220.jpg

サイドからリヤにかけてのキャラクターラインの入り方も違いますが、オーラはLEDのリヤコンビランプが一直線に点灯するのが特徴。

IMG_6348.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 

『日産ノートシリーズのすべて』オフショット [クルマ]

日産ノート シリーズのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)』の取材で関宿(三重県亀山市)を訪れたのは2月上旬のことでした。

IMG_6366.jpg

発売中です。

IMG_3018.jpg

関宿をプチ散歩しましたが、独特の雰囲気があっていいですね。

IMG_6371.JPG

鈴鹿サーキットにお出かけのみなさん、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう(無料駐車場あり)。

IMG_6386.jpg
IMG_6390.jpg

撮影風景を別アングルから(うまく隠れているつもり)。

IMG_6396.jpg

これはまた、いい眺め。

IMG_6376.jpg

おや、こんなところにカメラマンが(矢印)。こっちから向こうが見えているってことは……。

IMG_6376_2.jpg

撮影の邪魔してました?

このときカメラマンが撮影したカットは、本誌でご確認ください。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【Hypercar】プジョー9X8のデビューは夏に持ち越し(ル・マンも見送り) [モータースポーツ]

プジョーは2022年のWEC(FIA世界耐久選手権)に、新たに開発したハイパーカーの9X8で参戦すべく準備を進めています。

2022年1月には、準備が整わないため開幕戦セブリング1000マイル(3月18日決勝)をスキップすることが発表されました。

過去エントリー↓
【Hypercar】プジョー9X8の後ろ姿
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2022-01-18

となるとデビューは第2戦スパ・フランコルシャン6時間(5月7日決勝)になるわけですが、2月25日、デビューを夏に延期する旨が発表されました。

「信頼性が確保できていない」のがデビューを遅らせる理由で、母国開催の第3戦ル・マン24時間(6月11日?12日決勝)も見送ります。

Peugeot_9X8.jpg

というわけで、デビューは早くて第4戦モンツァ6時間(7月10日)になる模様。

「夏」と表現しているということは、第5戦富士6時間(9月11日)ではないでしょうね。

どうかな?

プジョー・スポールからのメッセージ(走行音を含む)↓



一刻も早い実戦デビューを待ち望んでおります。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【WEC】アルピーヌA480の2022年仕様 [モータースポーツ]

アルピーヌ(Alpine)は2021年シーズンに続き、WEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカー(Hypercar)カテゴリーに1台(36号車)をエントリー。

Alpine A480(2022)A480_2022_34_front.jpg

実態は旧LMP1ノンハイブリッド(オレカ製シャシー+ギブソン製4.5L・V8自然吸気エンジン)車両です。

2024年から2台のLMDhプロトタイプ(オレカ製シャシー+自社開発エンジン)を投入する予定。

Alpine A480(2022)A480_2022_34_rear.jpg

2022年仕様で何が変わったのかと思えば、カラーリングでした。

こちらが最新仕様↓

Alpine A480(2022)
A480_2022_side.jpg

こちらは2021年仕様↓

Alpine A480(2021)
A480_2021_side.jpg

スポンサーも一部変わっています。

Alpine A480(2021)
A480_2021_34_front.jpg
A480_2021_34_rear.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

ポルシェLMDhがヘッドライトを初公開 [モータースポーツ]

2023年のWECとIMSAに最上位カテゴリーで参戦するポルシェは、開発中のLMDhプロトタイプをカタルーニャサーキット(スペイン)に持ち込み、テストを実施しました。

M22_0528_fine.jpg

カモフラージュが施されているのはこれまで公開された状態と同じですが、薄型4眼のヘッドライトが初めて明らかになりました。

M22_0505_fine.jpg

1月に公開された走行シーンはこんなふう。

ずいぶん印象変わりますね。

M22_0199_fine.jpg

V8ターボエンジンの搭載を知らせる前回エントリーはこちら↓

https://serakota.blog.ss-blog.jp/2022-01-27

ヘッドライト、近くで見るとだいぶ立体的な構成になっています。

点灯カラーのバリエーションもありそう。

M22_0523_fine.jpg

リヤライトも4エレメントの構成。

横一文字ライトも備えているはずですが、一度に全部は見せない作戦でしょうか。

M22_0506_fine.jpg

走行風景です↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(2) 

マツダ、2022年スーパー耐久シリーズに参戦 [モータースポーツ]

マツダは2022年のスーパー耐久シリーズに、「MAZDA2 Bio concept」と「マツダロードスター」の2台で参戦すると発表しました。

20220216_supertaikyuseries2022_image_s.jpg
(クリックで拡大)

MAZDA2は次世代バイオディーゼル燃料を使用。

ロードスターはガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」を搭載。マツダ社内外のエンジニアやメカニックがチームを組み、「マツダがサポートする参加型モータースポーツ出身ドライバーにステップアップの機会を提供する」と説明しています。

詳しくはこちら↓



“グラスルーツ”に力を入れるマツダらしい取り組みですね(耐久レースに復帰してくれてもいいのですが。というか、待ち望んでます。ずっと)。

ロードスターは、レースしていなくても楽しいクルマであることを、つい最近、再確認。

IMG_2105.jpg

魅力、色あせませんねぇ。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

『自動車技術の出発点』最新回はアイシンのARS [クルマ]

23回目となる『自動車技術の出発点』、『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.185 (モーターファン別冊)』では、アイシンのARSを取り上げています。

MFi185_ARS_1.jpg

ARSとはActive Rear Steeringの頭文字をつなげたものです。

4WS(4 Wheel Steering)と記したほうがわかりやすいでしょうか。

つまり、後輪を操舵するシステム。

MFi185_ARS_2.jpg

適用第1号は1997年のトヨタ・アリスト。

開発の背景と、実用化に至るまでの技術的な苦労話は誌面でご確認ください。

MFi185_ARS_3.jpg

ルノー・メガーヌRSなどが搭載する後輪操舵システム(4MOTION)もアイシン製。



最新事例は新型レンジローバーの「オールホイールステアリング(AWS)です。

IMG_1353.jpg

逆相に最大7度(!)も切れます。





https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

【WRC】コンパクト・ダイナミクスのハイブリッドシステム [モータースポーツ]

WRC(FIA世界ラリー選手権)は2022年シーズンからラリー1(Rally 1)車両を導入しました。

ハイブリッドシステムの採用がハイライトのひとつで、ドイツのメガサプライヤーであるシェフラー(Shaeffler)の子会社、コンパクト・ダイナミクス(Compact Dynamics)が単一サプライヤーとして全車両にシステムを供給しています。

CompactDynamics_s.jpg

最高出力100kWのモーターと容量3.9kWhのバッテリー、それにインバーターやバッテリーマネジメントシステムなどを一体化。

システムの重量は87kg。モーターの動力はリヤデフに伝えられます。

WRC公式チャンネルの解説動画はこちら↓



こちらはフォード・プーマ・ラリー1を走らせるMスポーツの解説動画↓

どのようなシーンでモーターを使うのか、説明しています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

フェアレディZ(日産グローバル本社ギャラリー) [クルマ]

日産グローバル本社ギャラリーでは、2月20日まで新型フェアレディZの日本市場向けモデルを特別展示しています。

IMG_6330.jpg

前後が同時に眺められるのがいいですね。

IMG_2201.jpg

ヘリテージコーナーには、S30(初代)、Z32(4代目)、Z33(5代目)が展示されていました。

IMG_6328.jpg

特徴的なお尻を見比べてみましょうか。

こちらは新型↓

IMG_2197.jpg

Z32(手前)とS30です。

IMG_2187.jpg

いいとこ取り?

IMG_6340.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【TAS 2022】ルノーのE-TECH HYBRID [クルマ]

ルノーのブースには、新開発のハイブリッドシステムが展示してありました。

その名も「E-TECH HYBRID(イー・テック・ハイブリッド)」

下の写真は車両搭載状態を前方から見た様子。左側は1.6L・直列4気筒自然吸気エンジン(94ps/148Nm)。

通常はトランスミッションが位置する右側に電動コンポーネント系が配置されています。

IMG_1098.jpg

車室側から見た様子はこちら。

吸気前、排気後ろ。シリンダーヘッドカバーの背後にEGRクーラーがあります。

IMG_1122.jpg

走行用のメインモーター(モーター1、36kW/205Nm)とハイボルテージスターター&ジェネレーター(モーター2、15kW/50Nm)をドッグクラッチマルチモードAT(ギヤボックス)と組み合わせて構成しています。

IMG_1084.jpg

「AT」はプラネタリーギヤの組み合わせではなく、マニュアルトランスミッションと似た歯車の組み合わせで、変速動作を自動化したもの。

効率を重視してシンクロナイザーを省き、ドッグクラッチをダイレクトに飛び込ませます。

ハイボルテージスターター&ジェネレーター(HSG)は、変速時のトルク抜け解消に使用。さらに、エンジン再始動や回生に用いられます。

IMG_1085.jpg

ラゲッジスペース下に搭載するリチウムイオンバッテリーの容量は1.2kWh。

IMG_1086.jpg

CセグメントSUVのアルカナ(Arkana)に搭載され、2022年春頃にデビュー予定だそう。

IMG_1125.jpg

「F1で培ったノウハウを取り入れた」とのことですが、どのあたりなのか気になりますし、ドライブフィールも気になります。

ハイブリッドシステムの構成を説明した動画↓



各走行モードと、走行モードに対応したメーター表示を説明する動画↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0)