So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

カム式LSDの作動原理 [モータースポーツ]

『Motor Fan illustrated』(三栄)では『RACING CARエンジニアの流儀』(TEXT:永嶋勉)を連載しています。ここ数号は回転差感応型のオリフィスLSDを取り上げています。

オリフィスLSDの作動原理↓
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2019-09-16

10月15日発売の『MOTOR FAN iustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.157 (モーターファン別冊)』では、オリフィスLSDの進化形である「ハイブリッドLSD」の話をしています。

MFi157_Engineer_LAP18.jpg

回転差感応型とトルク感応型の特性を合わせ持ったハイブリッドLSDの開発にあたっては、メカニカル部をコンパクトにする必要がありました。そこで、シュアトラックの製品名で呼ばれていたカム式LSD(トルク感応型カム式差動制限装置)を選択しています(詳しい経緯はMFi Vol.157をご参照ください)。

これがその、カム式LSDです。オリフィスLSDと同様、ユニバンスにご協力いただきました。

ハイブリッドLSDはカム式LSDとオリフィスLSDを一体化させています(詳細は11月15日発売のMFi Vol.158で掲載予定)。

IMG_0774.jpg

カム式LSDの要である、カムフォロワーとフェイスカム部を見ます。

IMG_0763.jpg

部品単体だとこんなふう。

IMG_0867.jpg

開発・製造元のユニバンスには、カムフォロワーとフェイスカムの動きがわかるように工夫した装置が保管してありました。

IMG_0781.jpg

二次元で説明する素材もあります(動きをお見せできないのが残念)。

IMG_0792.jpg
IMG_0796.jpg

いくら写真で見ても、どう動くのか想像しづらいと思います。

動画でご確認ください。



おもしろい動き方しますね。しかしこの仕組み、よく考えたものです。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1 2019第17戦】観客席から走りを見る [F1]

金曜日に鈴鹿サーキットを訪れた3万3000人、日曜日に鈴鹿サーキットを訪れた8万9000人の観客の方にとってはあたりまえのことだと思いますが、筆者も紛れ込んで観客席からF1マシンの走りを楽しみました。

今回は1コーナーの進入に陣取ります。

IMG_4525.jpg

周囲の会話に耳を傾けていると、金曜日も日曜日も、F1観戦経験者がお友達を連れて来ている様子。

連れてこられたお友達は一様に、F1のスピードに驚いていました。例えば……

「あんなスピードで1コーナー曲がっていくのかよぉ」と。

IMG_4383.jpg

そう聞いて、改めて1コーナーに目を向けてみると、確かに、理解を超えるスピードで1コーナーを通過していきます。

あたりまえですが、次のマシンもやっぱり速い。

「なんだよ、あの火花」(レッドブルです)。

初めてのお友達は興奮しっぱなしです。

IMG_4398.jpg

「オマエ、連れてきてよかったよぉ。そんなに感動してくれるとは思わなかった」と、F1観戦経験者。

こうして、ファンは増えていくのですね。

IMG_4410.jpg

現地観戦の醍醐味を教えられた気がいたしました。ブレーキが焼ける臭いなんかも、たまりませんね(改めて)。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1 2019第17戦】台風19号に備えて [F1]

フリープラクティス2回目(10月11日14時〜15時半)が始まるまで、GPスクエアは大盛況でした。

IMG_4058.jpg

フリープラクティス2回目が始まるとともに撤収開始。台風19号の襲来に備えるためです。

IMG_4157.jpg
IMG_4173.jpg

パドックに移動すると、ペディアペン(テレビ関係者がドライバーにマイクを向けるところ)も片付けていました。

IMG_4207.jpg
IMG_4205.jpg

セーフティカーも屋内に退避。

IMG_4232.jpg

ピット&ガレージ関係も撤収態勢で、まるでレース終了後の慌ただしさ。

IMG_4273.jpg
IMG_4314.jpg

ポジションタワーのロレックスも取り外します。

IMG_4252.jpg

ガレージに水が浸入しないよう、シャッターの前に土のうを積みます。

IMG_4318.jpg
IMG_4319.jpg

大事に至りませんように。

IMG_4184.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【2019 F1第17戦】車検場前で観察したアルファロメオ、ハース、レッドブルのボディワーク [F1]

木曜日の午後3時頃に車検場前にいたのは、アルファロメオとハースでした(メルセデスAMGの車検はその前に終わっており、見逃しました)。

アルファロメオとハースのリヤセクションを見比べてみます。両者ともフェラーリのパワーユニット、ギヤボックス(付随してリヤサスペンション)を搭載しているので、眺めが似ています。

一方で、細かな空力処理は異なっていておもしろいですね。

Alfa Romeo C38
IMG_3901.jpg

Haas VF-19
IMG_3914.jpg

リヤホイール内側の処理が凝っています(ハース)。

IMG_3918.jpg

ノーズ下のターニングベーンは2列になっています(ハース)。

IMG_3939.jpg

もう、なにがなにやら……(ハース)。

IMG_3927.jpg

レッドブルRB15のバージボードまわりは、羽衣たなびくような造形。

IMG_3942.jpg

矢印のパーツに注目してみます(レッドブル)。

IMG_3979.jpg

フロントブレーキダクトは6分割。サイズから、ブレーキ要求の厳しさが想像できます。

IMG_3957.jpg

ノーズ脇のカメラマウントですが、こんなところもきっちり、空力を意識した処理になっていますね。

IMG_3970.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【WEC富士6時間2019】オレカ07のリヤカウルの下 [モータースポーツ]

フリープラクティス2のセッション中、しばらくメディアセンターからピットロードを眺めていました。

IMG_3654.jpg

走行レーンばかり注視していてしばらく気づきませんでしたが、ユナイテッド・オートスポーツ22号車(オレカ07)のリヤカウルがご開帳でした。

IMG_3644.jpg
(クリックで拡大)

整理整頓されていますね。

カウルを装着すると、こんなふう。

IMG_3669.jpg

2017年シーズンに投入された、4コンストラクターのLMP2シャシーについては、『Motor Fan illustrated特別編集 ル・マン/WECのテクノロジー 2017』で解説しています。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -