SSブログ
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | -

【人テク2024】スバルのS耐使用エンジン部品と再生カーボン材 [モータースポーツ]

『人とくるまのテクノロジー展2024YOKOHAMA』で見かけたモータースポーツ関連部品、スバルのブースからお届けします。

今回の人テクから自動車メーカー系ブース、すべてパシフィコ横浜の北ホールに集まっていました。

スバルのブースには、スーパー耐久シリーズに参戦するBRZが搭載するFA24型、2.4L水平対向4気筒自然吸気エンジンの部品が展示されていました。

IMG_8802.jpg

2023年第5戦もてぎで約2000kmを走ったピストンとピストンピン、コンロッドです。

直噴インジェクターの噴霧がぶつかるところだけ扇状に色が違いますね。

IMG_8819.jpg

カーボンニュートラル燃料を使っても、従来のエンジンそのままですよ、という意図だそう。

IMG_8828.jpg
IMG_8812.jpg

こちらは2022年第3戦SUGOから使用する、カーボンボンネットフード。

それまでのアルミ製ボンネットに対し、2.0kgの軽量化を実現したそう。

IMG_8799.jpg

ただのカーボン(CFRP:炭素繊維強化プラスチック)ではなく、再生カーボン材を使っています。

IMG_8789.jpg

SUBARU航空宇宙カンパニーで航空機製造時に出る端材(「みなさんが想像するよりだいぶ大きい」のだそう)を再生し、使用。

端材のプリプレグ(炭素繊維に樹脂を含浸させたシート)から樹脂のみを焼き飛ばし、炭素繊維に戻して、再度プリプレグにしてCFRP材をつくります。

炭素繊維をイチから作る工程に比べ、製造エネルギーを10分の1程度に抑えることができ、そのぶんCO2排出量の低減につながるというわけです。

IMG_8794.jpg

再生カーボン材、いいですね。

nice!(3)  コメント(0) 

【人テク2024】フォーテスキューWAEのLMDh向けバッテリー [モータースポーツ]

『人とくるまのテクノロジー展2024YOKOHAMA』で見聞した情報、前回からだいぶインターバル開きましたが、今後も散発的になることが予想されます。あしからずです。

今回も、ですが、モータースポーツ関連の展示に的を絞って歩き回りました。

そして、いつものように見逃し多数だと思います。

今回の最大の収穫は、英国パビリオン(北ホール)のフォーテスキューWAEのブースに展示されていたリチウムイオンバッテリーでした。

IMG_8734.jpg

IMSA/WECの最上位カテゴリーに参戦できるLMDh車両(ポルシェ、BMW、キャデラック、アルピーヌ、ランボルギーニ、アキュラ)の共通バッテリーに指定されています。

IMG_8730.jpg

フォーミュラE Gen3車両の共通バッテリーもフォーテスキューWAE製。

IMG_6440.jpg

パウチタイプのセルを180枚直列につないで搭載しており、容量は1.35kWh。重量は35kg。

IMG_8733.jpg

冷却フルードのインとアウトが確認できます。

冷却プレートを介して各パウチセルの表面を冷やす構造だそう。

IMG_8710.jpg

電圧や温度を計測するための基板(フレックスPCB)がセルの上に載った状態。

IMG_8714.jpg
IMG_8712.jpg

白い筒はヒューズ。その奥にコンタクターがある、と説明を受けました。

IMG_8716.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

水素エンジンを搭載するリジェJS2 RH2 [モータースポーツ]

アルピーヌが水素エンジンを搭載するローリングプロトタイプを2024年のル・マン24時間(6月15日〜16日決勝)で披露する一方で、リジェ・オートモーティブ×ボッシュも水素エンジン搭載のレース車両を展示し、デモ走行を行います。

リジェJS2 RH2です。

Ligier_JS2_RH2_1.jpg
DPPI Images / Ligier Automotive

最高出力443kW、最大トルク650Nmを発生する3.0L・V6ツインターボエンジンをミッドに搭載。

スペック上の最高速度は280km/h以上。

Ligier_JS2_RH2_2.jpg
DPPI Images / Ligier Automotive

車両設計とエンジン、高圧水素タンク、安全システムについてはボッシュ・エンジニアリングが担当。モノコック、シャシー、冷却システムはリジェ・オートモーティブが担当しています。

52Lの高圧水素タンク(70MPa)を3本搭載。

ギヤボックスは8速DCT。

Ligier_JS2_RH2_3.jpg
DPPI Images / Ligier Automotive

長期的には液体水素の適用も考えているそう。

Ligier_JS2_RH2_4.jpg
DPPI Images / Ligier Automotive

ヨーロッパでの水素エンジンの動き、相変わらず活発ですね。

nice!(3)  コメント(0) 

アルピーヌ・アルペングロー現地写真 [モータースポーツ]

水素エンジンを積んだハイパーカーのコンセプトモデル、アルピーヌ・アルペングローのローリングプロトタイプが2024年WEC第3戦開催中のスパフランコルシャン・サーキットで公開されました。

Alpenglow_2.jpg
FIAWEC/DPPI

ドア、プロトタイプカー風に開くのですね(乗り降り大変そう)。

Alpenglow_1.jpg
FIAWEC/DPPI

サイドポンツーンの後ろ側は、カウルの後端側に向けて貫通しています。

Alpenglow_3.jpg
FIAWEC/DPPI

ボディ両サイドに物理ミラーはなく、デジタルです。

Alpenglow_5.jpg
FIAWEC/DPPI

ダンパー(オーリンズ製)&コイルスプリングはプッシュロッドを介して作動するタイプ。

Alpenglow_4.jpg
FIAWEC/DPPI

フロントの大きな開口部の奥には熱交換器が配置されている模様。

Alpenglow_6.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

水素エンジンを搭載するアルピーヌ・アルペングローHy4 [モータースポーツ]

2024年5月10日、走行セッションが続くWEC(FIA世界耐久選手権)スパフランコルシャン6時間レースの会場で、水素エンジンを搭載するローリングプロトタイプ(走行可能な試作車)が公開されました。

アルピーヌ・アルペングローHy4です。

決勝レースが行われる5月11日にデモンストレーション走行が予定されています。6月14〜15日に決勝レースが行われるル・マン24時間にも登場する予定。

Alpine Alpenglow Hy4
Alpine Alpenglow Hy4.jpg

2022年のパリ・モーターショーで公開された車両がベース。

Hy4のHyはHydrogen(ハイドロジェン)=水素の意。4は4気筒を意味しています。

Alpine Alpenglow Hy4 (6).jpg

340馬力発生する2.0L・4気筒ターボエンジンは暫定版で、新開発のV6エンジンを積んだ車両を年内に用意するそう。

Alpine Alpenglow Hy4 (4).jpg

将来的にル・マン24時間に設けられる水素カテゴリーでの参戦を視野に入れているのか、市販バージョンへの布石か(あるいは両方か)、着地点が気になるところです。

しかしこのエグイ格好、個人的には好みです。

Alpine Alpenglow Hy4 (9).jpg

高圧水素タンクをモノコックの両脇に搭載している模様。

Alpine Alpenglow Hy4 (11).jpg

2.0L直列4気筒ターボエンジン(ベースは何でしょうか)を縦置きに搭載。

ターボチャージャーは高い位置にあります。

Alpine Alpenglow Hy4 (11)b.jpg

2シーターで(図は右ハンドルです)、F1、WECハイパーカー風のステアリングホイールを採用しています。

Alpine Alpenglow Hy4 (14).jpg

ローリングプロトタイプを作ったところに、アルピーヌの本気度を見ることができます(頓挫しないことを願うばかり)。

nice!(3)  コメント(0) 

フォーミュラE Gen3 Evoの概要 [モータースポーツ]

シーズン11(2024-2025年)に導入されるGen3車両の進化版、Gen3 Evoが発表されました。

Gen3 Evo
Gen3_evo.jpg

現行Gen3はこちら。

ボディワークの変更により(ドラッグが低減されているそう)、カメムシっぽいフォルムが是正され、よりフォーミュラカーらしいスタイルになったような……。

Gen3
Gen3_Nissan.jpg

技術面では、これまで回生専用だったフロントに搭載するモーター(最高出力250kW)を力行側にも使えるようになったのがハイライト。

リヤと合わせて最高出力は600kW。

ただしフロントモーターを力行側に使えるシーンは限定されていて、予選のデュエル、レーススタート、アタックモード時に限られています(この状況のみ4WDとして機能)。

いくら出力が高くてもタイヤのグリップが負けていては路面に力が伝わりません。

ハンコック製のワンメイクタイヤもアップデートされ、グリップは5〜10%向上するそう。

理論上の0-60mph加速はGen3より約1秒速く、1.82秒(0-100km/h加速は1.86秒)。

個人的には3秒台でも肉体的にシンドイと感じますが、1秒台ってどうなんでしょう。

F1をはじめとする0-60mph加速の比較動画はこちら↓



Gen2時代はアグレッシブにぶつけ合うシーン目に付いたので、Gen3ではフロントウイングを意図的にヤワにし(軽い接触で破損するようにし)、強引ともとれる動きを封じようとしました。

ところが今度は簡単に壊れすぎる点が問題視されることに。その反省から、Gen3 Evoではやや強化されています。

なかなか難しいですね。

nice!(3)  コメント(0) 

6分の1スケールのRI4AG(GRスープラGT500搭載エンジン) [モータースポーツ]

オートモービルカウンシル(4月12日〜14日、幕張メッセ)の日下エンジニアリングのブースには、エンジンモデルの最新作が展示してありました。

SUPER GT GT500クラスのGRスープラが搭載する2.0L・直列4気筒直噴ターボエンジンのRI4AGです。

おおよその搭載位置を示すように展示↓

IMG_7092.jpg

スケールは6分の1。実機の全長は最大500mmに規定されていますので、オイルタンク等を入れて100mm程度のサイズ感。

ですが、迫力満点です。

前斜め上方から見るとこんな感じ。

IMG_7103.jpg

左斜め前方から見るとこんなふう。

吸気側が見えます。

IMG_7101.jpg

台座に載った状態。

ポイントのひとつは、実車ではシュラウドに覆われて見えないエキゾーストマニフォールドがきちんと再現されていることです。

IMG_7116.jpg

あんまり見せると、手に入れた人の楽しみが減ってしまいそうなので、このへんで。

価格は77,000円(予価)。

5月末より受注開始予定だそう。

日下エンジニアリングのブース全景はこんなふう。

IMG_7129.jpg

プレチャンバーをはじめ、RI4AGの技術内容については、「オートスポーツNo.1587」でまとめています。

https://amzn.to/3WeL0Cn

ブースにも掲載誌が置いてありました。

IMG_6268.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

【FE東京その5】コースウォークその3(T15〜T20) [モータースポーツ]

T15の左直角コーナーから東京ビッグサイトの敷地に戻ります。

メディアにとってはなじみの場所で、2023年に開催されたジャパンモビリティショー(JMS)では、メディア用駐車場の入口がここでした(それ以前の東京モーターショー時代も)。

IMG_6038.jpg

駐車場はパドックやメインストレート、グランドスタンドがあるエリアで、そこに向かって直線が続きます。

IMG_6050.jpg

勝手にコマツ・シケインと呼んでいるT17〜T18を望みます。

路面に「↑有料駐車車両」と書いてありますが、この先(DHLの看板側)に駐車料金を精算するゲートがあることを示しています。

ゲートや精算機は当然のことながら、撤去されていました。

IMG_6053.jpg

コマツ・シケイン。

とてもタイトです。

IMG_6062.jpg

90度以上転回するT19。

T18からT19にかけても急な下り坂です。

IMG_6069.jpg

メインストレートに戻ってきました。

金属メッシュの排水口のカバーはコンクリートのカバー(一部開口部あり)に置き換えられています。

IMG_6078.jpg

ピットレーンとの境にもテックプロ・バリア。

IMG_6080.jpg

1時間20分かけて約2.6kmのコースを周回しました。

nice!(3)  コメント(0) 

【FE東京その4】コースウォークその2(公道区間) [モータースポーツ]

T4入口のアタックゾーンです。

工事関係車両が頻繁に行き交っているので、施工箇所を踏まないようパイロンが置いてあります。

コーナーの外側にTECPROバリアが見えますね。

IMG_5969.jpeg

東雲臨時駐車場から港湾道路東雲線に出る箇所(T7)です。

この先が公道区間。

IMG_5984.jpg

港湾道路東雲線から港湾道路有明20号線に出るところ(T8)。

IMG_5990.jpeg
IMG_5996.jpeg

港湾道路有明20号線に出たところで、港湾道路東雲線(T7側)を振り返ります。

IMG_5998.jpeg

港湾道路東雲線から90度左に転回して見た風景(北側)。

封鎖されています。

IMG_6000.jpeg

T9を望みます。

奥に見える建物は東京ビッグサイト東7ホール。

一角にメディアセンターがありました。

IMG_6002.jpeg

T10〜T11のシケイン手前です。

このシケインで反対車線側に移ることになります。

IMG_6020.jpeg

東京ビッグサイト前交差点(T12)を左折します。

奥はゆりかもめ・東京ビッグサイト駅。

IMG_6028.jpeg

写真を撮りながら歩いたので、ピットレーン出口からここまで約50分。

IMG_6032.jpeg

まだ半周近く残っています。

T13方向を望む。

nice!(3)  コメント(0) 

【FE東京その3】コースウォークその1(T2後の強い傾斜まで) [モータースポーツ]

公式セッションを翌日に控えた3月28日木曜日の午後2時頃、寸暇を惜しんでコースウォークを敢行しました。

ピットレーン出口からスタート。

IMG_5905.jpg

ホームストレートに出て振り返った図。

右側に仮設のグランドスタンドが見えます。

IMG_5912.jpg

T1(1コーナー)のランオフエリアです。

まだ作業中。

イベント終了後、塗装部分どうするのでしょう。

IMG_5914.jpg

スポンサーロゴのシール貼り、まだ至るところで作業中でした。

IMG_5915.jpg

下見時から「ここ、ジャンプするんじゃないの?」と感じていた、T2通過後の強い傾斜です。

段差の手前まで、舗装が新しくなっています(新舗装部分、ドライバーは「すべりやすい」とコメントしていました)。

IMG_5927.jpg

なんとか傾斜の強さを表現したかったのですが、難しいですねぇ。

IMG_5931.jpg

iPhoneで水平を確認して撮ったカットがこちら。

IMG_5847.jpg

つづく。

nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | - モータースポーツ ブログトップ