So-net無料ブログ作成

【IAA 2019】オペル・コルサeとコルサeラリー [クルマ]

みなさんお忘れかもしれませんが(と、自分のことを棚に上げて言う)、オペルは2017年8月からPSAグループ(プジョー、シトロエン、DSなどで構成)の一員です。今回のフランクフルト・モーターショーでは、BMWやMINIの向かい、ジャガーやヒュンダイの近くにブースがありました。

IMG_1891.jpg

電気推しです。

IMG_1888.jpg

ブースは世界初公開となった6代目コルサ一色でした(アストラも世界初公開でしたが)。

「あなたのコルサ」

全長は4.06m。エントリーグレードの車重は1000kg以下(980kg)で、価格は1万3990ユーロから。ガソリンエンジンは1.2L・3気筒のNAとターボ。

IMG_1850.jpg

1987年のコルサGTが展示されていました。小さいですね。

IMG_1854.jpg

ブースのハイライトは、コルサの電気自動車版、コルサe(Corsa-e)でした。

IMG_1883.jpg

100kW/260Nmのモーターと50kWhの容量を持つバッテリーを搭載。WLTPの航続距離は330km。価格は2万9900ユーロから。

IMG_1867.jpg

小さなクルマによくも50kWh分のバッテリーを収めたものです。

IMG_1832.jpg

コルサeの発表に合わせて、「ラリーコンセプト」を展示。

「オペルは電動ラリーカーを開発した最初のカーメーカー」という触れ込みです。

ADACオペルeラリーカップ(ADAC Opel e-Rally Cup)として、ワンメイクラリーカップの開催が決まっています。2020年夏からシーズンがスタート。若手ドライバーの育成が狙い。

車両価格は5万ユーロ以下を見込んでいます。

IMG_1875.jpg

コルサeラリーコンセプトの前方に、気になるブツが展示してありました。

ナンバープレートに「1971 ELECTRO GT」と書いてあります。

IMG_1864.jpg

オペルのブースで一番気になったのはこれかも……。

1971-Opel-Elektro-GT-17210.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【IAA 2019】ルノー・キャプチャー発表会 [クルマ]

ホールとホールを移動するために空中廊下(?)を歩いていたところ、変な格好をした人を見かけました。人間アドバルーン?

IMG_2553.jpg

「新型ルノー・キャプチャーを見せているのでどうぞ」という案内でした。

IMG_2552.jpg

予定を変更して(もともと大した予定ないし)、案内に従います。

IMG_2554.jpg

ありました、新型キャプチャー。一見してキープコンセプトとわかるスタイリングです。

IMG_2558.jpg

そして、一見して、よりスタイリッシュになっているのもわかります。

IMG_2621.jpg

インテリアの質感、上がっています。日本導入が楽しみ。

IMG_2614.jpg

屋外には、新型キャプチャーの世界観を表現した記念撮影スポットがありました。

IMG_2710.jpg

ヨーロッパでのパワートレーンのラインアップは、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド(PHEV)の3種類。

1.0L・3気筒の1.0 TCe 100(5速MT)と1.3L・4気筒のTCe 130(6速MT/7速DCT)、それに、1.3L・4気筒のTCe 155(7速DCT)です。

ディーゼルは1.5L・4気筒のBlue dCi 95(6速MT)と115(6速MT/7速DCT)。PHEVは2モーター式のハイブリッドシステムを搭載。バッテリー容量は9.8kWhです。

IMG_2560.jpg

TCe 130はダイムラーと共同開発した新しいエンジンです。

IMG_2565.jpg

MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.156 (モーターファン別冊)』の、『博士のエンジン手帖』で取り上げています。めずらしく(?)、大絶賛。

IMG_2569.jpg

このエンジンの最大の特徴は、デルタ(Δ)形シリンダーヘッドを採用したことです。せっかく実機が目の前にあるので、Δ形状を確認したいところですが、いろんな物がまわりについていてわかりづらい……。

ダイムラーのホールにメルセデス・ベンツB250e(PHEV)が搭載するエンジンが展示してあったので、そちらで確認してみましょう。

Δ形状、わかります?

IMG_2462.jpg

このような分割になっております。

IMG_2462_2.jpg

おもしろいですねぇ。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

【IAA 2019】VW ID.3とポルシェ・タイカンのエアカーテン&リヤサス [クルマ]

前回のエントリーでHonda eを見たので、電気自動車つながりで他のクルマも見てみましょう。

まずは、VW ID.3から。なかなかの、いや、かなりの注目ぶりでした。

IMG_2333.jpg

フラットになった新しいロゴ、いかがですか?

IMG_2328.jpg

フロントバンパーの裏を覗いたら、エアカーテンのアウトレットと思われる開口部がありました(矢印)。

IMG_2319.jpg

でも、フロントバンパーにインレットが見あたらない……。

IMG_2330.jpg

バンパーの下にある? と思って覗き込んでみたのですが、やっぱり見あたらない。うーむ……。

フロントタイヤへの空気の流れに関し、ずいぶん気を遣っている様子はわかります。

IMG_2324.jpg

リヤサスペンションまわり(左側)です。後輪駆動なのはHonda eと同じですが、ID.3はマルチリンク式(Honda eはストラット式)。

ロワーリンクの下側に整流板のような部品(矢印)が付いているのが見え、フロントだけでなくリヤも、空気の流れに気を遣っている様子が伝わってきます。

IMG_2334.jpg

ポルシェ・タイカンを見てみましょう。

IMG_2365.jpg

裏側のフラット化は徹底しており、マルチリンク式のリヤサスペンション全体を覆うカバーが付いています。

IMG_2368.jpg

やはり、エアカーテンを採用。フロントバンパーの裏側にアウトレット(矢印)が見えます。

IMG_2397.jpg

バンパー正面コーナー部や裏側のスリットからさりげなく空気を取り込むのが一般的ですが、タイカンはエアカーテン用インレットをデザイン上のアクセントとしています(矢印)。

IMG_2378.jpg
P19_0686_a3_rgb.jpg

ちゃんと貫通しています(矢印)。

IMG_2651.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【IAA 2019】Honda eが目玉のホンダブース [クルマ]

トヨタ/レクサスも日産もスバルも三菱もマツダもスズキもIAA(フランクフルト・モーターショー)への出展を見送ったなかで、一社気を吐いていたのがホンダでした。

IMG_2077.jpg

F1マシンが展示してありますね。

IMG_2814.jpg

説明パネルによれば、2019年型のレッドブルRB15です。

IMG_2080.jpg

サイズ感を感じとらせるにはいいのでしょうが、一見してショーカーとわかる素っ気ないつくりがちょっぴり残念(↑)。本物(↓モンツァで撮影)の迫力とは大違いです。

IMG_0898.jpg

しかし、目玉は世界初公開のHonda e(ホンダ・イー)。電気自動車です。

IMG_2706.jpg

個人的にもそうですが、来場者(メディア関係)の関心も大きかったようで、3台あった展示車両は常時ひとだかり。眺めたり乗り込んだりするのに忙しく、写真はほとんど撮ってません……。

IMG_2839.jpg

事前に公開された写真を見てひと目惚れしておりましたが、実物、想像以上にいいですね。「あばた」もところどころありますが、すべて「えくぼ」に変えるだけの魅力があります。

IMG_2850.jpg

脈絡なく、リヤサスを覗き込んでみました。ストラット式のサスペンションとドライブシャフトが見えます。

IMG_2842.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ・タイカンとエクスペリエンスセンター上海 [クルマ]

2019年9月4日に発表になったばかりのポルシェ・タイカン(ポルシェ初のフル電動スポーツカー)を、9月10日のフランクフルト・モーターショー(IAA)で確認しました。

IMG_2364.jpg

技術詳細は『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.156 (モーターファン別冊)』で掲載しています(全6ページ)。

充電システムや充電器の整備も含めて気合いが入っています。そして、電気自動車である前に、走りも質感もムードも、ポルシェ。

MFi156_Taycan_1.jpg
MFi156_Taycan_2.jpg
MFi156_Taycan_3.jpg

発売前に上海でテクノロジーワークショップ(技術説明会)が開かれました。

IMG_9745.jpg

会場は上海インターナショナル・サーキットに隣接するポルシェ・エクスペリエンスセンター上海。

IMG_1807.jpg

ハンドリングサーキットやスキッドパッド、オフロード体験ができるエリアなどを備えています。

IMG_2047.jpg

冊子の表紙はハンドリングサーキットから見た建屋。下の写真は、地上階ホールの様子です。

IMG_1804.jpg

おや、918のピンクピッグがいますね。

IMG_1809.jpg

黄色い豚(ボクスター)もいました。

IMG_1806.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【2019 F1第14戦】レンタカーのプジョー208を100m走って乗り換える [クルマ]

F1イタリアGP取材のためにイタリアに来ました。ミラノ・マルペンサ空港に着いたのは9月4日の19時過ぎ。

IMG_0662.jpg

さっそくレンタカーを借ります。マルペンサ空港を利用するのは久しぶりなので、レンタカーのブースがどこにあるやらさっぱり見当がつかず、案内もわかりづらく、さんざん歩き回って受付にたどりつきました。

あてがわれたのはプジョー208。ガソリンです。

IMG_0667.jpg

見た目からしてだいぶくたびれていたのですが、メーターを確認したら走行距離が6万5000kmを超えていて、「ヤレ」を覚悟しました。

荷物を積み込んで目的地を設定し、いざ出発。したのはいいのですが、なんだかおかしい。ヘッドライトが点いていないような気がします。ステアリングも重たいような……。

駐車場の出口で意を決して(というより、不安が大きく)引き返して元の位置に戻り、クルマから降りて確認したらヘッドライトが点いていませんでした(もちろん、スイッチはオン)。

IMG_1888.jpg

メーターを見たら、ヘッドライトの代わりにタイヤ空気圧に関する警告灯が点いています。

IMG_1887.jpg

荷物を降ろし、受付に戻って別のクルマを手配してもらいました。再びプジョー208ですが、今度はディーゼルです。ヘッドライト、ちゃんと点きます。

IMG_0678.jpg

前のクルマと違ってヘッドライトは「オート」だし、エアコンも「オート」で、グレードは上のよう。走行距離も1万kmプラスαで、前のクルマに比べたら新車も同然。

走りが違います(空気抜けてないし)。

IMG_0680.jpg

「ヘッドライトが点かないし、タイヤの空気抜けているんだけど」とレンタカー会社の人に説明したにもかかわらず、新しいクルマのカギを受け取るとき、「それで、何が気に食わないんだ?」と言われたんですが……。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ・タイカンがニュル北コースで7分42秒を記録 [クルマ]

2019年9月4日に発表されるポルシェ初のフル電動4ドアスポーツカー、「タイカン(Taycan)」のプロトタイプがニュルブルクリンク北コース(20.6km)でタイムアタックを行い、7分42秒で周回しました。

モーターの出力は600ps以上、0-100km/h加速は3.5秒以内と発表されています。モーターは前後にそれぞれ搭載するため、4輪駆動。

S19_3990_fine.jpg

「4ドア・エレクトリックカー」部門での新記録だそう。

S19_3991_fine.jpg

ちなみに、ポルシェ911カレラSの2012年の記録が7分37秒9です。

911カレラSを含め、ポルシェ主要モデルの記録とオンボード映像へのリンクはこちら↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-11-03

タイカンのオンボード映像です↓



「2ドア・エレクトリックカー」のNIO EP9は、2017年5月に6分45秒9でニュル北コースを周回しています。

オンボード映像↓



NIO EP9の関連エントリー↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2016-11-29

タイカン、加速時に発する「ムウウウン」という音が独特ですね。

S19_3993_fine.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

VWゴルフもフロントエアカーテンを採用 [クルマ]

いよいよというか、ようやくというか、VWゴルフにディーゼルエンジン搭載モデルが追加になりましたね。チョイ乗りしましたが、(室内にいる限り)静かだし、力強い。

というようなインプレッションはこちらでご確認ください↓
https://motor-fan.jp/article/10011071

フロントバンパーの端っこを見るクセがついていけません。このアングルで気づいたら、たいしたものです。

IMG_9645.jpg

よく見ると、空気の通り道(矢印)が設けてあります。

IMG_9668.jpg

フロントタイヤの外側にエアカーテンを作り、フロントタイヤが発生させる乱流が外側に広がらないようにする狙い。ドラッグ(空気抵抗)低減のためです。

エアカーテンを説明した直近のエントリーはこちら↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-08-07

アウトレット側(矢印)を見ます(ステアリングは少し左に切った状態)。

IMG_9664.jpg

走りだったり効率だったりをことさら意識したクルマだけが採用しているわけではありません。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

可変バルブタイミングシステムとアイシン「コムセンター」 [クルマ]

『自動車技術の出発点』の取材でアイシン精機にお邪魔したのは7月半ばのことでした。連載8回目(隔号掲載)の記事(6ページ)は『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.155 (モーターファン別冊)』に掲載しています。

アイシン精機における可変バルブタイミングシステム(VVT)開発の「出発点」と、現在までの開発の推移、そして今後の展開についてお話を伺いました。

MFi155_Aisin_1.jpg
MFi155_Aisin_2.jpg
MFi155_Aisin_3.jpg

取材はアイシン精機本社地区(愛知県刈谷市)で行ったのですが、同地区内にある「コムセンター」に「出発点」となったヘリカル式VVTが展示してあると聞き、案内していただきました。何年ぶり何度目かの見学です。

コムセンター(見学自由。8月19日まで臨時休館中。https://www.aisin.co.jp/pickup/com/)には、アイシングループの各種製品が展示してあります。

下の写真は1階のヒストリーゾーン。

IMG_9060.jpg

その一角に、ヘリカル式VVTは展示してありました(手前で大きく写っているのはベーン式VVTですが)。

IMG_9054.jpg

2階には最新の製品が展示してあります。

IMG_9091.jpg

VVTのコーナーがあります。

IMG_9066.jpg

次の予定があって長居できない状況だったのですが、トランスミッションなどいろいろなコーナーが目に入り、順番に見学していきたい衝動に駆られます。

IMG_9073.jpg

ちょっとだけ見てみましょう。こちらはレクサスLC500やLS500が搭載する10速AT。

IMG_9078.jpg

最新ピストンの展示もあります。

IMG_9105.jpg

じっくり見学するなら、半日は確保しておきたいですね。

IMG_9118.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「MOPARを探せ」状態なフィアット500X [クルマ]

フィアット500X(チンクエチェント・エックス)に乗りました。

試乗レポートはこちら↓
https://motor-fan.jp/article/10010977

いつものようにエンジンルームを覗いたのですが、コンプレッサーハウジングに「MOPAR」の文字が。主張が強い。

IMG_9267.jpg

よく見るとエンジンルーム内はMOPARだらけで、コンプレッサーハウジングの他にバッテリー、オルタネーター、ラジコアサポートにも主張の強いロゴが確認できます。

IMG_9340.jpg

ブレーキパッドもMOPAR。

IMG_9350.jpg

サイレンサーもMOPARです。

IMG_9364.jpg

MOPAR(モパー)はクライスラー純正パーツのブランドです。MOtor(モーター)とPARts(パーツ)を組み合わせた造語。MOPARのロゴがたくさんあるということは、クルマのあちこちに純正パーツが使われていることになります。

2009年にフィアットがクライスラーに資本参加し、2014年に両者が合併してFCA(Fiat Chrysler Automobiles)が誕生しています。そんな経緯から、フィアット車にもMOPARが使われるようになりました。MOPARであふれていると、事実とは逆で、クライスラーがフィアットを支配しているように見えてしまいます。

ところでMOPAR、アメリカでは古くからモータースポーツ活動へのスポンサードを行っています。NASCARとの関わりはなくなってしまいましたが、ドラッグレースでは健在。

Mopar_2.jpg

これは刷り込まれますね。

Mopar_1.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車