SSブログ

【人テク2024】ムーグのE024シリーズサーボ弁再び [F1]

Xでもポストしていますが、『人とくるまのテクノロジー展2024YOKOHAMA』で日本ムーグのブースに立ち寄りました。

やはり昨年と同様、翌日から富士スピードウェイだったので、取材は初日のみ(涙)。

IMG_8927.jpg

2023年の様子はこちら↓

【人テク2023】ムーグのE024シリーズサーボ弁 
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2023-05-29

F1で大活躍の油圧サーボ弁、E024シリーズ、今年も拝んできました。

IMG_8922.jpg

展示の様子はこちら。

IMG_8910.jpg

カプセルトイのガチャ、今年もありました。

IMG_8925.jpg

3Dプリンターで製作した樹脂製実物大E024シリーズはこちら。

マグネット付きです。

IMG_9151.jpg

ストラップ付きミニチュアモデルもあります。

何につけようか思案中。

IMG_9158.jpg

ミニチュアモデルは油の通路も忠実に再現しています。

IMG_6786.jpg

こちらが実物。

IMG_8919.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

ホンダF1参戦60周年のステッカー [F1]

ステッカーをいただきました。1964年にホンダがF1に参戦してから今年で60年というわけです。

ステッカーには1964年に初参戦したときのRA271と、2024年のパワーユニット供給先のひとつ、レッドブルRB20があしらわれています。

IMG_8003.jpg

1.5L・V12自然吸気エンジンを横置きに搭載したRA271。

ホンダコレクションホール展示車両。

Honda RA271(1964)
IMG_7822.jpg

当時の雰囲気がよく伝わってくる写真です。

それにしても、ずいぶん低い位置に座っているし(体は大きく露出しているし)、コンパクトですね。

1964_13.jpg

ひるがえって、ホンダのパワーユニット(ホンダRBPTH002)を搭載する2024年のレッドブルRB20。

2024年もシーズンを支配しています(M・フェルスタッペン選手が5戦中4勝。4月22日時点)。

RedBull RB20(2024)
RB20_Rd5.jpg

4月21日に富士スピードウェイで行われた『モーターファンフェスタ』にRB20のショーカーが展示されていました(となりは1966年のRA273)。

近年のF1マシン、見るたびに「いくらなんでもデカすぎじゃない?」と思ってしまいます。

IMG_6424.jpg

60周年ということになると、20周年と40周年のときはどうだったんだろうと、気になりまして……。

20年ごとの節目の年は、参戦しておりました(30周年と50周年の年は……)。

参戦20周年の1984年は、第2期参戦時代。ウイリアムズと組んだ最初の年でした。

Williams FW09B(1984)
1984_01.jpg

1.5L・V6ターボのRA164Eを搭載。

1984_64.jpg

2004年は第3期参戦中で、第1期と同様にエンジンだけでなく車体開発も行っていました。

2004年はタイヤをブリヂストンからミシュランにスイッチした年。

第3期最高となる、コンストラクターズチャンピオンシップ2位でシーズンを終えます。

BAR006(2004年)
2004_BAR006.jpg

第4戦サンマリノGPのピットレーンでピットストップの練習中。

IMG_2512.jpg

3.0L・V10自然吸気エンジンのRA004Eを搭載していました。

最高回転数は19,000rpm以上と発表されています。

2004_RA004E_2.jpg

当時受け取った「40年の挑戦。」のポスターは、いまも仕事場の壁にかかっています。

IMG_6440.jpg

やだなぁ、もう20年経つのかぁ……。

nice!(4)  コメント(0) 

リニューアルした「ホンダコレクションホール」をチラ見 [F1]

ホンダコレクションホール(Honda Collection Hall)がリニューアルしたことは聞いていたので、別件終了後に、次の別件に向けて時計を気にしながら、かなりすっ飛ばして見てきました。

IMG_6335.jpg

2階に上がり、CHAPTER 01(南棟)→02(北棟)→03(南棟3階〕→04(北棟4階)の順に巡ると、創業〜1970年前後(01)→1970年前後〜1985年前後(02)→1985年前後〜2000年前後(03)→2000年代(04)の順に見学できるようになっています。

IMG_7824.jpg

順路どおり、たどってみます。

IMG_7748.jpg

じっくり眺めている余裕は(本当に)なかったので、F1を中心にカメラに収めてきました。

第1期参戦時代のマシン群とエンジンです(01)。

IMG_7755.jpg
IMG_7757.jpg

「世界に例がないものをつくる。」コーナーに展示してある、空冷エンジンを搭載したホンダRA302と、1300(02)。

IMG_7765.jpg

第2期参戦時代のマシン群(02)。

IMG_7773.jpg

第3期、第4期参戦時代のマシン(04)。

IMG_7804.jpg

1階は「ホンダ夢と挑戦の軌跡」がテーマ。

変わらず(?)、ホンダRA271が展示してあります。

IMG_7822.jpg

滞在時間28分でした(全然足りない……)。

nice!(3)  コメント(0) 

鈴鹿サーキットのHonda RACING Gallery [F1]

F1日本グランプリに合わせ、4月5日(金)に開館しました。

Honda RACING Galleryは「Hondaのモータースポーツの発信拠点として、今年(2024年)、初参戦から60周年を迎えるF1を中心に、実際のレースを戦った歴代マシンとエンジンおよびパワーユニットの展示を通じてHondaの勝利へのこだわりとレースを通じて磨いてきた技術を体感いただける展示施設」とのこと。

高低差のある敷地に建っているので、写真に見える方向からアプローチして館内に入ると、そこはB1F(地下1階)です。

B1Fフロアは企画展示を行っています。

IMG_7021.jpg

メインホールに位置づける1F(1階)は常設展示エリア。

中心には、1965年のメキシコGPでHondaのF1初勝利を飾ったHonda RA272と、2021年にマックス・フェルスタッペン選手がドライバーズチャンピオンを獲得したRed Bull Racing Honda RB16Bが並んでいます。

IMG_6969.jpg

歴代のF1エンジン/パワーユニットも近くで観察できます。

IMG_6967.jpg
IMG_6890.jpg
IMG_6911.jpg

イタリアGPでホンダにF1での2勝目をもたらした、ホンダRA300(1967)。

IMG_6921.jpg

説明が雑になりますが(いつもどおり)、手前からウイリアムズFW11B(1987)、マクラーレンMP4/4(1988)、マクラーレンMP4/6(1991)。

各展示物のパネルには、その展示物を象徴する数字についての解説が書いてあります。

IMG_6963.jpg

空力も自社開発していたHonda RA106。

IMG_6954.jpg

メインホールの出口で目に入るメッセージ。

IMG_6978.jpg

B1Fの企画展示エリアでは、「F1日本グランプリ企画展示」として「Honda F1 日本人ドライバーたち」の展示が行われています。

IMG_7009.jpg
IMG_7002.jpg

6月中旬まで開催予定とのこと。

IMG_7017.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

【F1】ウイリアムズF1にKOMATSUのロゴ [F1]

ウイリアムズ・レーシングは2024年仕様のリバリー(カラーリング)を公開しました。

WilliamsF1_115544_HiRes.jpg

目を引くのはなんといっても、建設・鉱山機械メーカーのKOMATSU(コマツ)のロゴですね。

こちら(↓)は鉱山などで活躍する91.4t積みのダンプトラック。

巨大です。

Komatsu_HD785-7.jpg
(クリックで拡大)

コマツはウイリアムズ・レーシングと複数年のパートナーシップ契約を結び、プリンシパル(筆頭)パートナーを務めることになります。

WilliamsF1_115546_HiRes.jpg

1980年代から1990年代(〜1999年)にかけてはウイリアムズのテクニカルパートナーを務めておりました。

つまり復活。

コマツが開発した小型・軽量・高耐久性のファイナルギヤは、1996年のFW18に適用されています。

下の写真は1997年のウイリアムズFW19。

ドライバーは、この年のドライバーズチャンピオン、ジャック・ビルヌーブ。

KOMATSUのロゴはノーズの側面にありました。

1997Williams21_brazil.jpg

プリンシパルパートナーを務めるだけあり、KOMATSUのロゴはあちこちにあります。

一目瞭然のサイドポンツーン。

WilliamsF1_115566_HiRes.jpg

ノーズ上面。

WilliamsF1_115551_HiRes.jpg

コックピット開口部のロゴは、オンボードカメラで抜かれることを意識しての配置でしょうか。

WilliamsF1_115560_HiRes.jpg

リヤウイング翼端板にもKOMATSUのロゴ。

WilliamsF1_115572_HiRes.jpg

オーバーオール(レーシングスーツ)の右胸の位置と、

WilliamsF1_115623_HiRes.jpg

左右の袖にロゴがあります。

WilliamsF1_115619_HiRes.jpg

チームシャツにも右胸にロゴ。

オーバーオールとは配置が異なりますね。

WilliamsF1_115624_HiRes.jpg

ヘルメットの頂部にもKOMATSUロゴ。

WilliamsF1_115659_HiRes.jpg

露出効果、期待できそうです。

nice!(3)  コメント(0) 

【F1日本GP2003】HRCブースのRA621Hディテール解説 [F1]

Xにポストした内容の再録です。

Honda_RA621H_1.jpg
(クリックで拡大)

F1日本GPのHRCブースに2021年のホンダ製パワーユニット、RA621Hが展示されていました。ご覧になった方も多いと思います。
写真左側が車両前方。ESSはEnergy Storage Systemの略で、この中にリチウムイオン電池のセルやインバーター、DC-DCコンバーターなどが入っています。

エンジン前面中央部にあるシャッター様の円形の部品が目に付いたと思います。コンプレッサーの入口にあり、IGV(Intake Guide Vane:インテークガイドベーン)とHRCでは呼んでいます。RA621Hはスロットルバルブを持っておらず、IGVで空気量を制御しています。

IGVの両脇にあるのはCACパイプ。CACはCharge Air Cooler(チャージエアクーラー)の略で、加圧して温度が上昇した空気を冷やす熱交換器のこと。インタークーラーともいいます。ここからCACに向かい、冷やされた空気は紫のフタの部分からプレナムチャンバーに入ります。

CACパイプから細いパイプ(バイパスパイプ)が枝分かれして後方に向かっているのが見えます。CB2と呼ぶエネルギー回生装置で、従来は吸気系の上流に逃がしていた余剰の過給圧を排気に合流させてタービンの駆動仕事に用いる仕組み。規則変更により2022年からは適用できず。

プレナムチャンバーの中には、エンジン回転数に応じて吸気管長を最適に調節し、吸気の動的効果を最大限に利用するVISが入っています。VIS(ビス)はVariable Intake Systemの略で可変吸気システムのこと。VISやIGVの制御には、MOOGの油圧サーボバルブを使っています。

シリンダーヘッドとシリンダーヘッドカバーは鋳造ではなく、アルミ合金総削り出し。排気側にバー状の剛性リブがないのが、2021年のRA621Hで採用した新骨格の特徴。リブがなくなったぶんカウル側に余裕が生まれ(内側に攻めることもできる)、空力に貢献。

Honda_RA621H_2.jpg
(クリックで拡大)

ホンダRA621Hを後ろから見ます。中央にツインボリュートのタービンハウジングが見えます。断熱カバーで覆われていますが、矢印の先に、やはり断熱コーティングされた白い本体が覗いています。タービンハウジング自体はインコネル製で、3Dプリンターで製造。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【F1日本GP2023】HRCのブースなど [F1]

鈴鹿サーキットで行われたF1日本GP、天候に恵まれて良かったですね(日差しきつかったですが)。

昨年もそう思いましたが、「ダンダンダン」なお決まりの音楽が鳴り響いているGPエントランスをくぐる瞬間、グランドスタンドの巨大ドライバーポートレートが目に入ることなども相まって興奮しますね。

IMG_2931.jpg

決勝日の昼ごろともなれば、HRC(ホンダ・レーシング)、アルファタウリ関連のグッズはSOLD OUT多数。

HRCウエアを身につけた人、多く見かけました(浸透早い)。

IMG_2933.jpg

予想(期待?)どおり、ものすごい人出でした。

IMG_2968.jpg

HRCブースを覗いてみます。

IMG_2967.jpg

現行車両のモックアップが展示してありましたが、デカイですね。

全長5400mm、ホイールベース3600mm級ですもんね。

タイヤもデカイ。

IMG_2965.jpg
IMG_2942.jpg

目を引いたのは、2021年のパワーユニット、RA621Hです。

IMG_2936.jpg

インテーク・ガイド・ベーン(IGV)が開いた状態で展示されているのは、貴重だったのでは。

IMG_2947.jpg

IGV含め、ホンダの第4期歴代パワーユニットの技術については、『ホンダF1のテクノロジー』でご確認ください。



ショップでは、RA621HをあしらったTシャツを販売していました。

写真のホワイト以外にグレーとブラックがありました。

IMG_2953.jpg

スタート前のブルーインパルスの展示飛行も良かったし、国歌独唱(航空自衛隊航空中央音楽隊ヴォーカリスト兼ピアニスト・森田早貴3等空曹。演奏は航空自衛隊中部航空音楽隊)に震えました。

IMG_2983.jpg

帰り際に「来年は4月」と伝えられて、現実に引き戻される感じ?

IMG_2999.jpg

帰路の大渋滞も含めてのF1日本GPかと……。

IMG_3002.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

アストンマーティンF1のテクノロジーキャンパスがオープン [F1]

シルバーストンサーキットで開催されるF1第11戦イギリスGPの開催に合わせ、サーキットの至近にあるアストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム(AMF1)の「テクノロジーキャンパス」(AMRTC)がオープンしました。

3つある建物のうちのファクトリー機能を持つ1棟がオープン(写真はすべてAston Martin Aramco Cognizant Formula One Team)。

こちら(↓)がテクノロジーキャンパスの外観。

風洞は2024年末に竣工する予定。

Technology Campus
Campus External.jpg

レセプションです。

Reception
AMRTC Reception.jpg

「ストリート」と呼ぶ地上階の廊下。

天窓から外光が差し込んでいます。

'Street'
Campus 'Street'.jpg

日本風に表現すると「2階」のファーストフロア。

First Floor
First Floor.jpg

デザインオフィスです。

右側のディスプレイには、グラウンドエフェクトカーになる前の規定のデータを表示させていますね。

Design Office
Design Office.jpg

カーボンファイバーのシートを切り出しているところでしょうか。

Composites
Composites.jpg

カーボンファイバーのシートを型に貼り付けていきます。

Laminating
Laminating.jpg

金属部品を機械加工するマシンショップです。

Machine Shop
Machine Shop.jpg
Machining.jpg

AMRTCの紹介動画はこちら↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【富士24時間】Hondaブースの電動パワーユニット搭載レーシングカート [F1]

「ENEOS スーパー耐久シリーズ2023 第2戦 NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース」(5月26日〜28日)のイベント広場には(レース名、長いですね)、Hondaのブースがありました。

目を引いたのはレーシングカート。

説明書きを見ると、「電動パワーユニット eGX搭載レーシングカート」とあります。

向かって左側はHonda Racing THANKS DAY 2022でマックス・フェルスタッペン選手がドライブした車両。右側は角田裕毅選手がドライブした車両です。

IMG_4807.jpg

Honda Mobile Power Pack e(電力量1.3kWh)をシートの両脇に搭載しています。

IMG_4808.jpg
IMG_4813.jpg

電動パワーパック側(モーター部)を見ます。

ドライバーのサインが入っていますね。

IMG_4815.jpg

走行シーンは17分27秒頃から始まります。



Hondaのブースには、電気自動車のHonda eと、可搬型外部給電器のPower Exporter 9000も展示されていました。

IMG_4803.jpg

「なにこれ、かわいい!」とHonda eに目を留めてブースに近づいてきた人がパネル(↓)を見て、「安っ!」と驚いていましたが、パネルに書いてあるのはPower Exporter 9000の価格ですヨ。

IMG_4804.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

ホンダF1パワーユニットの高速燃焼と副室ジェット燃焼の「燃焼」比較動画 [F1]

『auto sport(オートスポーツ)』最新号のNo.1585(https://amzn.to/3Na31wl)では、ホンダが2018年のスペック3(RA618H)から投入した「高速燃焼」と、2017年のRA617Hから本格的に投入した副室ジェット燃焼について解説しています。

Honda_RA621H_2.png

『autosport web』の公式YouTubeチャンネルでは、副室ジェット燃焼の燃焼の様子と、高速ジェット燃焼の燃焼の様子を動画で比較しています(元動画はHonda提供)。

IMG_2929.jpeg

高速燃焼がいかに「高速」なのか、おわかりいただけると思います。

Honda_RA621H_3.png

動画はこちら↓





https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0)