So-net無料ブログ作成

【IAA2017】フェラーリのブース(ポルトフィーノとSF70H) [F1]

フェラーリのブースを見ていきましょう。向かいはマセラティ、となりはランドローバー/ジャガーという立地です。

IMG_7180.JPG

展示車両の目玉は、世界初公開となったポルトフィーノ。カリフォルニアTの後継となる2+2のGTカーで、エンジンはフロントに搭載し、後輪を駆動します。

IMG_6211.JPG

ポルトフィーノが搭載する3.9L・V8ターボエンジンが展示してありました。吸排気系や制御系に手が入っています。イオン検知による気筒別燃焼制御も入っています。441kW/760Nmの最高出力/最大トルクを発生。0-200km/hの発進加速は10.8秒だそうですが、メルセデスAMGのプロジェクト・ワンは6秒以下だと知ってしまったもので……。

IMG_6186.JPG

ワンピース構造のエキゾーストマニフォールドは新設計だそう。過給エンジンとはいえ、シングルプレーンの伝統は守っています。タービンはツインスクロール。

IMG_6192.JPG

エンジンルームを覗き込む甲斐があるというものです。

IMG_6204.JPG

F1マシンはブースの中央奥に、まるで御神体のように鎮座していました。

IMG_7186.JPG

2017年型のSF70Hルックです。ちゃんと最新の幅広タイヤを装着しています。

IMG_6145.JPG

展示車ではなく御神体扱いなので(?)、説明パネルの類は置いてありません。どういう素性の車両か知りませんが、ホンモノ感は漂っていました。

IMG_6159.JPG
IMG_6164.JPG

創業70周年です。

IMG_6208.JPG

ドイツに向かう飛行機のなかで、1960年代のル・マン24時間におけるフェラーリとフォードの熾烈な戦いを追ったドキュメンタリー映画を観たばかりだったので、ちょっとばかり思い入れ深くブースを訪れました。

『The 24 Hour War』です。オフィシャルトレイラーはこちら↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0)