SSブログ

『モータースポーツのテクノロジー 2019-2020』は本日発売&歴代表紙 [モータースポーツ]

モータースポーツ の テクノロジー 2019 - 2020 (モーターファンイラストレーテッド 特別編集 モーターファン別冊)』は、本日(12月27日)発売です。

表紙は2.4L V6直噴ツインターボエンジンです。WEC LMP1カテゴリーに参戦するTOYOTA GAZOO RacingのTS050ハイブリッドが搭載しています。

モータースポーツのテクノロジー 2019-2020
MST2019-2020_cover_s.jpg

振り返ってみると、表紙は毎回エンジンです。

Motorsportのテクノロジー 2018 - 2019 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)』の表紙は、ポルシェ919ハイブリッドが搭載した2.0L V4直噴ターボの、ピストン+コンロッド+クランクシャフトでした。

ピストン冠面をよーく見ると、プレチャンバーから噴き出したジェット噴流の痕が確認できます(オリフィスの数、数えてみてください)。

モータースポーツのテクノロジー 2018-2019
MST2018-2019_cover_s.jpg

Motorsportのテクノロジー 2017 - 2018 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)』の表紙は、ホンダのF1パワーユニット、RA617Hです。

この年からプレチャンバーイグニッション(PCI)を採用し、メルセデスAMG、フェラーリ、ルノーとPCIの面では横並びになりました。

モータースポーツのテクノロジー 2017-2018
MST2017-2018_cover_s.jpg

モーターファン・イラストレーテッド特別編集 Motorsportのテクノロジー 2016-2017 ( (モーターファン別冊)』の表紙を飾ったのは、SUPER GT GT300クラスに参戦するスバルBRZのEJ20(2.0L 水平対向4気筒ターボ)です。

息の長いエンジンで、2019年シーズンも現役でした。

モータースポーツのテクノロジー 2016-2017
MST2016-2017_cover_s.jpg

Motorsportのテクノロジー 2015-2016 (モーターファン別冊)』の表紙は、ホンダRA615Hでした。

この年からF1に復帰したホンダのパワーユニットです。2年後のRA617Hと見比べると、外観はずいぶんすっきりしています。

モータースポーツのテクノロジー 2015-2016
MST2015-2016_cover_s.jpg

モーターファン・イラストレーテッド特別編集 Motorsportのテクノロジー 2014-2015 (モーターファン別冊)』の表紙もF1のパワーユニットで、メルセデスAMGのPU106A(1.6L V6直噴ターボ)でした。

巻頭特集はF1ではなく、この年から燃料流量規制を導入したSUPER GT GT500クラスの2.0L 直4直噴ターボ(トヨタ/ニスモ)でした。同じくこの年から燃料流量規制に切り替わったWEC LMP1の話が続きます。

モータースポーツのテクノロジー 2014-2015
MST2014-2015_cover_s.jpg

Motor Fan illustrated特別編集 Motorsportのテクノロジー 2013-2014』の表紙は、トヨタTS030ハイブリッドが搭載した、3.4L V8自然吸気エンジンでした。

誌面では、このエンジンの分解写真を掲載しています。

モータースポーツのテクノロジー 2013-2014
MST2013-2014_cover_s.jpg

というわけで、トヨタのLMP1向けエンジンは6年ぶり2回目の登場。効率を追求する姿勢に変わりはないものの、エンジンはずいぶん様変わりしています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0)