SSブログ

映画『フォードvsフェラーリ』を予見していた(?)2015年のル・マン24時間 [モータースポーツ]

フォードは3年目の挑戦となった1966年のル・マン24時間レースで、悲願の初優勝を果たします。しかも、1-2-3フィニッシュ!

FordGT_Heritage_1966_FordGTMkIIFIALeMans.jpg

2015年のル・マン24時間で、後の映画『フォードvsフェラーリ』につながる出来事や展示がありました。

メディアセンターの掲示板に、フォード・パフォーマンスが何らかの発表を行う旨の告知がありました。

IMG_4165.jpg

出席者はビル・フォードJr.(フォード・モーター・カンパニーのチェアマン)、マーク・フィールズ(フォードのプレジデント&CEO)、ラジ・ネア(フォードの製品開発担当副社長)、そして、チップ・ガナッシです。

IMG_0343.jpg
(右からビル・フォード、マーク・フィールズ、ラジ・ネア、チップ・ガナッシ)

フォードのル・マン24時間への復帰と、参戦車両であるフォードGTの発表が行われました。

フォードがワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成して50年となる2016年に、ル・マン24時間に復帰しようというわけです(残念ながら、2019年限りで撤退。時の移り変わりは早いですね……)。

IMG_0390.jpg

ビル・フォードJr.(『フォードvsフェラーリ』に出てくるヘンリー・フォード2世の甥)は、発表イベントの際、以下のように発言しています。

「フォードがル・マンでワン・ツー・スリーを達成した1966年のことは良く覚えている。私は9歳だったが、それまでの人生であれ以上に印象的な瞬間はなかった。あの瞬間に私は決めた。生涯をフォード・モーター・カンパニーに捧げようとね」

サーキットの一角では、『フォード対フェラーリ』展が開かれていました。

『Le Duel(戦い) 1964-1967』のタイトルが付いています。

IMG_9962.jpg

エンツォ・フェラーリ(左)とヘンリー・フォード2世です。映画のシーンと重ね合わせて見てください。

IMG_0044.jpg

1966年のル・マン24時間レースで優勝したフォード2号車です。背景は表彰式のシーン。

IMG_0001.jpg

こちらは3位に入った5号車。

IMG_9990.jpg

残念ながら、ケン・マイルズの1号車は展示されていませんでした。

こちらは、フェラーリ330P3。後ろの壁には、「サーキットにやって来たヘンリー・フォード2世の妻は、フェラーリの勝利に1000ドル賭けた」といったエピソードが書いてあります。

IMG_9998.jpg

フェラーリのトランスポーターも展示されていました。

IMG_0049.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

『フォードvsフェラーリ』のル・マン24時間を伝える『オートスポーツ』が無料公開 [モータースポーツ]

映画『フォードvsフェラーリ』を鑑賞した方々に(そうでない方々にとっても)朗報です。

IMG_2688.jpg

2月29日までの期間限定で、1966年のル・マン24時間レースの記事を掲載した『オートスポーツ 1966年8月号』と、ケン・マイルズの記事が載った『オートスポーツ 1967年2月号』が、ASB電子雑誌書店で無料公開されています。



『フォードvsフェラーリ』に関連する記事に限らず、他の記事も、広告も、書いてある内容も、載っている情報がことごとく興味を引きます。

IMG_7016.jpg
(2019年6月、ル・マン24時間ミュージアムにて)

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

2021-22WEC/2022IMSAからLMDhを導入 [モータースポーツ]

2020年1月24日に発表された情報をまとめておきます。「LMDh」と名づけられた規定に合致した車両なら、WECとIMSAの双方のカテゴリーに参戦できるようになります。

自動車メーカーの参戦を促す内容で、WECは2021-2022年シーズン(9月に開幕)から。IMSAは2022年シーズン(1月に開幕)から適用されます。

IMG_5478.jpg

LMDh(Le MansとDaytonaにh=ハイブリッド?の組み合わせ)は、2020-2021年シーズンからWECに導入されるハイパーカー(LMPH)規定と、IMSAでは2022年に導入される予定だった現行DPiの進化版、DPi 2.0を構成する要素をベースに、すり合わせを行います。

DPiは現行LMP2シャシーをベースに、参戦自動車メーカーが独自の外観とエンジンを与えた車両です。DPi 2.0はその進化形で、シャシーを製造するのはこれまでと同様、オレカ、ダラーラ、リジェ、マルチマチックの4社に限定されます。

さらに、リヤに共通仕様のKERS(運動エネルギー回生システム)を搭載します(WECのLMPHは、ハイブリッド化する場合、フロントにモーターを搭載する決まり)。

IMG_8108.jpg

技術的な詳細は3月第3週のスーパーセブリングで発表されるそう。どんなアナウンスがあるのか、内容が楽しみです。

貴重なシーンが満載の公式動画↓

コンバージェンス(Convergence)が合言葉になっています。直訳すると「集中」とか「収束」になりますが、ACO(ル・マン24時間レースの主催者)とIMSAが手を組んでまとめるLMDhの場合は、「異なる規格をすり合わせて共通化すること」といった意味合いになるでしょうか。

ところでこの動画、『フォードvsフェラーリ』に関係の深いドライバーも出ている?



LMDhの導入は、現在、DPiでIMSAに参戦しているマツダが、ル・マン24時間に復帰するにあたってのハードルを低くしたと見ることもできそうです。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(2) 

アネスト岩田スカイラウンジで感じるポルシェ [クルマ]

毎月のお約束で、アネスト岩田ターンパイク箱根を走りました(ほぼ助手席)。

昼過ぎにスカイラウンジ1階のダムトラックスカフェでカレーライスを食べ、2階のティーラウンジで取材(談笑?)するのが、ここ数年の慣わしになっています。

いつも出入り口側に陣取るので、あまり気に留めていなかったのですが、昨日は奥の変化が妙に気になり、しっかり見学してきました。

IMG_2673.jpg

YOKOHAMA(横浜ゴム)&PORSCHE - CLASSIC PARTNER AOYAMA-SETAGAYAコーナーができています。

あら驚き。

IMG_2675.jpg

「クラシックパートナー世田谷」の紹介と、

IMG_2677.jpg

「YOKOHAMAで戦ったレーシングポルシェたち」の紹介がなされています。

IMG_2678.jpg

ガラスケースの内部です。

IMG_2680.jpg

「最新のポルシェは最良のポルシェ。でも、最新だけじゃもったいない。」

いや、もう、そのとおりですね。

IMG_2681.jpg

1月23日は冷たい雨が降るあいにくの天候(雪でなくてよかったとも言えますが)。

スカイラウンジは開店休業状態でしたが、開けてくれているだけで幸せ、な状況です。いや、本当に。

IMG_2682.jpg

たぶん、年に10回はダムトラックスカフェの野菜カレーを食べていると思います(写真は1年ほど前の)。

IMG_0744.jpg

また、木曜日に訪れてしまいました。2階のティーラウンジは定休日(涙)。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

【TAS2020】グッドイヤーのブースとスープラなど [モータースポーツ]

グッドイヤーのブースには、WEC(FIA世界耐久選手権)の2019-2020年シーズンから一部のLMP2チームに供給する3種類のタイヤが展示されていました。

2020-2021年のシーズン9からは、LMP2の単独サプライヤーになることが決まっています。

IMG_7445.jpg

グッドイヤーのLMP2向けタイヤ開発については、『モータースポーツ の テクノロジー 2019 - 2020 (モーターファンイラストレーテッド 特別編集 モーターファン別冊)』でまとめています。

ブースには、NASCAR向けオフィシャルタイヤも展示されていました。

昨年同様、大迫力のタイヤ交換デモンストレーションもありました。

IMG_7453.jpg

何度見ても、「これがスープラ?」と思ってしまう、NASCAR参戦車両。

IMG_7458.jpg
IMG_7454.jpg

NASCARのスープラがオーケーなら、2020年シーズンから投入されるGT500車両など、かわいいものです(TOYOTA GAZOO Racingのブースで展示)。

IMG_7609.jpg

グッドイヤーのブースには、Goodyearカラーが施されたLMP2車両が展示されていました。

シーズン8参戦中のホンモノ(JOTA 38号車/オレカ07)はさすがに都合がつかなかったので、別のチームから車両(オレカ05)を借り、カラーリングを変更して展示。

IMG_7750.jpg

休暇を利用してオートサロンにやってきた、展示車両の持ち主に会えたのが、今回の収穫のひとつ。

IMG_7766.jpg

フィルムの下に、ベース車両の面影が残っていますね。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

【TAS2020】GRスーパースポーツがチラリ [モータースポーツ]

TOYOTA GAZOO RacingのプレスカンファレンスでGRヤリスの発表を待ち構えていたのですが、その前にWEC(FIA世界耐久選手権)に関するコメントがあり、そのコメントに合わせて会場のスクリーンにテスト風景が映し出されました。

IMG_7323.jpg

まったくの不意打ちでした。

慌ててスクリーンにカメラを向けます。

IMG_7324.jpg

ヘッドライトは3眼?

本当はもっといろんなシーンが映っていたのですが、撮影が追いつきませんでした。

IMG_7325.jpg

「今シーズンはTS050での最後の参戦となりますが、ル・マン3連覇で有終の美を飾り、来シーズンから始まるハイパーカークラスに投入する新型マシン、GRスーパースポーツにつなぎたいと思います」

「また、すでに発表した通り、そのロード・ゴーイング・バージョンの市販も視野にありますので、ぜひご期待ください」

友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントは、以上のように説明しました。

期待しています。

2018年の東京オートサロンで初公開された、GRスーパースポーツコンセプト↓

IMG_3378.jpg

富士スピードウェイのブースには、次のシーズンの「富士6時間」を告知するポスターが張ってありました。

IMG_7583.jpg

GRスーパースポーツが走ります。

2020年10月30日〜11月1日開催。

IMG_7583_2.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

メルセデスAMGは2月14日に2020年型F1カーを公開 [F1]

メルセデスAMGは2月14日にシルバーストン・サーキットでシェイクダウン走行を行うのに合わせ、2020年F1シーズンを走る新車を公開すると発表しました。

Mercedes_AMG_20200214.jpg

技術情報やシーズンの展望などについても明かされる模様。

ティーザー動画です↓



4週間(28日)後の金曜日ですね。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【TAS2020】2020年のHonda NSX-GT [モータースポーツ]

ホンダのブースで「NSX-GT」を見ました。2020年に導入されるClass1+α規定に合致した、SUPER GT GT500車両です。

IMG_7519.jpg

ショーカーでしょうか(ダジャレのつもりはありません)。

IMG_7554.jpg

中央のグリルの奥にPWR製のインタークーラーが見えます。左右に振り分けているのはウォーターラジエター。

IMG_7532.jpg

サイドのデザインラインを見ます。

IMG_7561.jpg

Class1規定を導入したDTMの空力は統一形状となりますが、SUPER GTはローカルルールを盛り込んだClass1+α規定を採用し、一部開発領域を残しています。

SGT_7_2b.jpg

残した空力開発領域を含むClass1/Class1+α規定の詳細については、『SUPER GT FILE - スーパーGT ファイル - Ver.7 (auto sport 特別編集 サンエイムック)』でまとめています。

SGT_7_1b.jpg

開発の仕方、セッティングの仕方が変わりそう……。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

【TAS2020】GR-FOURの公式動画など [モータースポーツ]

TOYOTA GAZOO RacingのYouTubeチャンネルに、GRヤリスの4WDシステム、すなわちGR-FOURを紹介する動画がアップされています。

IMG_7411.jpg

紹介動画といっても機構の解説ではなく、セリカGT-FOUR(ST165)のスピリットを受け継いでいる、というようなイメージ動画です。



GRヤリスのマスタードライバーである豊田章男社長が、GRヤリス開発に込めた思いを語る動画も公開されています。

「トヨタが自らの手で作るスポーツカーが欲しい」と。

いいですねぇ。



GR-FOURの動画を見て、かつてTMGで撮ったST165セリカをふと思い出しました。

DSCN2965.jpg

こちらはST185セリカのエンジンルーム。

レスポンスを考え、水冷インタークーラーを搭載しています。

DSCN2919.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

【TAS2020】GRヤリス [クルマ]

期待に違わぬルックスとメカでした。GRヤリス。1月10日に行われた発表イベントは、「東京オートサロン 2020」で随一のにぎわいだったと思います。

IMG_7348.jpg

実車を近くで観察できなかったのが心残り……。リヤスタイルは見ていないし……。

IMG_7390.jpg

シャシーの展示は夕方、腰痛に耐えつつ見に行きました。

IMG_7718.jpg

前後LSDやトランスミッション構成部品、ラリー/ダートトライアル用ダンパー&スプリング、強化クラッチ&軽量フライホイール、アンダーカバーなど、部品展示も充実していました。

IMG_7665.jpg

パワーパッケージ(1.6L・直3直噴ターボエンジン+6速MT)を後ろから見ます。

パワーパッケージの後方にステアリングギヤボックスが見えます。フロントサスペンションはストラット式。

IMG_7707.jpg

インタークーラー(最前列)は奥行きで容量を稼ぐタイプ。

IMG_7728.jpg

エンジンを右斜め上方から見ます。点火コイルが3つ並んでいますね。

高圧燃料ポンプは排気側カムシャフトで駆動。吸気側/排気側にそれぞれ油圧式VVTを搭載しています。

IMG_7685.jpg

TNGAエンジン・シリーズに共通する、直線的な吸気ポートが確認できます。最高出力/最大トルクは200kW/370Nm。BMEPはなんと29.0bar。

すげーな、と感心してちょっと調べてみたら、メルセデス・ベンツの1.5L・直4ターボがBMEP29.3bar(165kW/350Nm)で、なんてこったい。

容積比は未公表。排気側のバルブリセスが深いように見えます。

IMG_7675.jpg

3-1集合のエキゾーストマニフォールドの直下にターボチャージャーが見えます。ウェイストゲートは負圧アクチュエーター式。

その下にパワーテイクオフ(PTO)が見えます。

IMG_7690.jpg

リヤサスペンションはダブルウィッシュボーン式です。

トレーリングリンクと舟形のロワーリンク(コイルスプリングをマウント)、中央部を湾曲させたアッパーリンク、そしてトーコントロールリンクの組み合わせ。ダンパーはナックルに直付け(のように見えます)。

IMG_7697.jpg

4WDはセンターデフを持たず、多板クラッチ(電磁ソレノイドによる圧着力の制御でトルク配分を行う)を使ったカップリングユニットで成立させています。

IMG_7720.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(3)