SSブログ

【ル・マン24h2021】LMHのタイヤ種類とサイズ、本数 [モータースポーツ]

2021年のル・マン24時間はスタート直前に降った雨の影響で、2016年以来のセーフティカースタートになりました。

ル・マン・ハイパーカー(LMH)が履くミシュラン・タイヤの種類とサイズ、本数を整理しておきましょう。

Michelin_Tyres_LMH_2021_m.jpg
(クリックで拡大)

タイヤは、スリックとインターミディエイト、ウエットの3種類です。

ドライ路面で使うスリックは、ソフト・コールド(路面にラバーが載っておらず、15℃以下、もしくは夜間の走行に適)、ソフト・ホット(路面にラバーが載った状態で、外気温は15℃を超える場合が適)、ミディアム(摩耗しやすい路面状態で、外気温が30℃を超える場合に適)。

メインで使うスリックは、ソフト・ホットです。

インターミディエイトは、主に湿った路面で使います。2020年までのLMP1時代は、スリックと同様、トレッドに溝のないハイブリッドタイヤを使用していましたが、2021年から導入されたLMH向けには廃止され、溝のある一般的なトレッドデザインになっています。

関連記事はこちら↓
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2021-05-02

ウエットは「ドライング・ウエット(浅溝)」と「フルウエット(深溝)」の2種類が用意されています。

タイヤサイズはトヨタGR010ハイブリッド(7号車、8号車)とアルピーヌA480(36号車)は、2020年までのLMP1と同じ、前後31/71-18サイズを装着。

グリッケンハウス(708号車、709号車)のみ異なり、フロント29/71-18、リヤ34/71-18サイズを装着します。

関連記事はこちら↓
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2021-06-14

24時間レース中に使用できるドライタイヤは48本。インターミディエイトとウエットの使用本数に制限はありません。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント