SSブログ

アウディRS Q e-tron 2024年仕様 [モータースポーツ]

アウディは3回目の挑戦となる、2024年ダカールラリー参戦車両を公開しました。

RS Q e-tronの車名に変更はありません。

A236462.jpg

2023年仕様に対する変更のポイントはこちら。

A236451.jpg
(クリックで拡大)

2022年仕様の概要はこちら(↓)でまとめています。

https://serakota.blog.ss-blog.jp/2021-07-26

ジャンプして着地した際の衝撃を緩和するため、シートに発泡材(フォーム)を採用。

A236453.jpg
A236461.jpg

シャシー先端に取り付けられるCFRP製のクラッシュボックスは、アタックアングルに影響を与えない程度に延長しています。

A236464.jpg

2023年はアップライトまわりに小石が挟まるなどし、それがダメージにつながったり、タイヤ交換に時間がかかったりしたそう。

2024年仕様では、小石を取り除きやすくするためクリアランスを大きくしています。

A236459.jpg

跳ね上げた泥や水がウインドシールドに影響しにくい、改良型ボンネットを採用。

A236454.jpg

ボルト締結部の改良など、メンテナンスの負荷を下げ、時間短縮を図る改善も施されています。

レギュレーションの変更により、2023年のダカールラリー時に271kWに制限されていたモーターの最高出力は、2024年は286kWに引き上げられることになったそう。

A236455.jpg

熟成、進んでいます。

1年目に比べると、ずいぶん精悍な格好になりましたね。

nice!(3)  コメント(0)