SSブログ

フォーミュラE Gen3車両公開 [モータースポーツ]

シーズン8(2022年)モナコE-Prixの会場で、シーズン9(2023年)からの投入が予定されているフォーミュラE Gen3(第3世代)車両が公開されました。

Gen3_FrontRight34_Combo.jpg

昨年11月にはチラッとヒントが公開されていました。

主要スペックはこちらでご確認ください。

フォーミュラE Gen3発表↓
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2021-12-04

フォーミュラEシーズン9(2023年)の参戦マニュファクチャラー↓
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2022-04-01

MASTER STILL Gen3_FrontAerial_Combo.jpg

タイヤは(ミシュランから)ハンコックに切り替わるのですね。

Gen3で使用するタイヤは、天然ゴムとリサイクル繊維の比率を最大26%まで引き上げるのだそう。また、使用後はすべてのタイヤをリサイクル。

Gen3_RearRightWheel_RE.jpg



こちら(↓)は、ジャガーが公開したテストカーのカモフラ柄。

J_TCS_Racing_Gen3_Camo_Test_Car_005.jpg



こちら(↓)は日産が公開したリバリー。

Nissan_Gen3_1.jpg

桜(Sakura)がモチーフ。

見慣れた景色(新宿・歌舞伎町)なんですが……。

Nissan_Gen3_2.jpg



これはぜひ、日本で走らせてもらわないと。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【Indy】エコフレンドリーなタイヤをインディ500で初投入 [モータースポーツ]

インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(IMS)のオーナーであるペンスキー・エンターテインメント(Penske Entertainment)は、“アースデイ(地球の日)”の4月22日、2022年のインディ500(5月29日決勝)に向けた一連のカーボンフットプリント(CO2排出量)削減プランについて発表しました。

目玉のひとつは「持続可能な天然ゴム」を使ったエコフレンドリーなタイヤの投入です。

インディ500のカーブデイ(決勝レース前の最後のプラクティスを行う日)に実施される「ピットストップチャレンジ」で、「ファイアストン・ファイアホーク・グアユール・レースタイヤ」が使われます。

8月7日決勝のBig Machine Music City Grand Prix(ナッシュビル)では、オルタネートタイヤ(よりグリップが高いタイヤ)に設定されます。

サイドウォールはグリーン。

Indy_Sustainable_Tire.jpg

東南アジアに産地が集中しているパラゴムノキではなく、アメリカ南西部からメキシコ北部にかけてが原産で、乾燥地帯で栽培可能なグアユール(guayule)から天然ゴムを得ているのが特徴。

「再生可能資源の拡充・多様化」につながるとして、ファイアストンの親会社であるブリヂストンが開発を続けています。

詳細はこちら↓
https://www.bridgestone.co.jp/technology_innovation/natural_rubber/guayule/

インディ500期間中に使用するタイヤはすべて、電動トラック(Freightliner eCascadia)でインディアナ州内にある倉庫から輸送。

IMS内には、出力150kWの急速充電器を設置。インディ500の開催期間(いわゆる、the Month of May)中にIMSで消費する電気はすべて、2021年と同様、再生可能エネルギーのクレジット購入でまかなうそう。

主な協力企業や機関は下記です。

ファイアストン(Firestone)
シェル(Shell)
インディアナ州(the State of Indiana)
ペンスキー・トラック・リーシング(Penske Truck Leasing)
インディアナ・エコノミック・デベロップメント・コーポレーション(Indiana Economic Development Corporation)
シェル・リチャージ・ソリューションズ(Shell Recharge Solutions)
BTCパワー(Broadband TelCom Power, Inc.)
チューズ(CHOOOSE)

タイヤの例は環境負荷低減に関する取り組みのごく一部。

イベントもビッグですが、やると決めたら取り組みのスケールも大きいですね。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

イモラでアルファロメオ・トナーレを披露 [クルマ]

イタリアのイモラ(アウトドローモ・エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ)でF1第4戦エミリア・ロマーニャGPが開催中です。

アルファロメオにとっては母国開催で、新車のプロモーションに余念がありません。

2月に発表になったばかりのSUV、トナーレ(Tonale)をコースに持ち出しました。

車名はイタリアにある峠の名前に由来。

05.jpg

バルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)と周冠宇(Zhou Guanyu)がドライブ。

01.jpg

イタリア国旗カラーです。

全長×全幅は4.53×1.84m。

新開発の1.5L・直列4気筒ターボエンジン+7速DCTに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた仕様や、PHEV、1.6L・直列4気筒ディーゼル+6速DCTをラインアップ。

ヨーロッパでは間もなくデリバリー開始だそう。

04.jpg

実物見てみたいですね。

発表時の紹介記事↓
https://motor-fan.jp/genroq/article/23348/

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

イントレチャートなフィアット500e [クルマ]

電気自動車(BEV)になったフィアット500が「500e(チンクエチェント・イー)」です。

IMG_3826.jpg

500の右端の「0」が「e」を兼ねたデザインになっています。

IMG_3837.jpg

ところで内装なんですが。

運転席に座っていても、助手席に座っていても、ダッシュボードの出来映えがすばらしくて居心地のいいこと。

IMG_3895.jpg

樹脂成形でイントレチャート(intrecciato)を再現しています。

IMG_3882.jpg

短冊切りの革を編み込んだ技法のことで、イタリアンブランドのバッグなどでこの手のデザイン、見かけますね。メッシュ編みです。

もっと網目が大きかったりしますが。

IMG_3880.jpg

試乗レポートはこちら↓
https://motor-fan.jp/mf/article/51308/

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『自動車技術の出発点』Vol.19〜Vol.24 [クルマ]

『Motor Fan illustrated』(三栄)では、『自動車技術の出発点』と題した企画を奇数号で掲載(6ページ)しています。

その技術を開発するに至った経緯にはじまり、実用化に至るまでの苦労や、現在に至るまでの進化をまとめています。

Vol.1〜Vol.6のテーマはこちら↓

連載2年目に突入する『自動車技術の出発点』
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2019-04-18

Vol.7〜Vol.12のテーマはこちら↓

『自動車技術の出発点』Vol.7〜Vol.12
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2020-04-17

Vol.13〜Vol.18のテーマはこちら↓

『自動車技術の出発点』Vol.13〜Vol.18
https://serakota.blog.ss-blog.jp/2021-04-16

シーズン4(と便宜上呼びますが)では下記のようなテーマを取り上げました。

自動車技術の出発点 Vol.19 / Motor Fan illustrated Vol.177
『低フリクションハブベアリング - NTN』
Start_19_MFi177.jpg

自動車技術の出発点 Vol.20 / Motor Fan illustrated Vol.179
『スバル・グローバル・プラットフォーム - SUBARU』(2016年〜)
Start_20_MFi179.jpg

自動車技術の出発点 Vol.21 / Motor Fan illustrated Vol.181
『エネチャージ/Sエネチャージ - スズキ』(2012年〜)
Start_21_MFi181.jpg

自動車技術の出発点 Vol.22 / Motor Fan illustrated Vol.183
『CDCダンパー - ZF』(1990年代〜)
Start_22_MFi183.jpg

自動車技術の出発点 Vol.23 / Motor Fan illustrated Vol.185
『Active Rear Steering(ARS) - アイシン』
Start_23_MFi185.jpg

自動車技術の出発点 Vol.24 / Motor Fan illustrated Vol.187
『回生協調ブレーキシステム - アドヴィックス』
Start_24_MFi187.jpg

『航続距離』が特集テーマの最新号では、ハイブリッド車や電気自動車に欠かせない、回生協調ブレーキシステム(アドヴィックス)についてまとめています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車