SSブログ

新旧マツダ・ロードスターのLSD(アシンメトリックLSDとスーパーLSD) [クルマ]

大幅商品改良版マツダ・ロードスターのハイライトのひとつは、アシンメトリックLSDの設定です。

改良前は同じGKNドライブラインジャパン製のスーパーLSDを設定していました。

こちらが新旧LSDの並び。

Roadster_LSD.jpg

アシンメトリックLSDの機能については、動画でご確認ください(横着します)。



Asymmetric_LSD_4.jpg

スーパーLSDをベースに、サイドギヤ側にカム機構を設けて、加速側(ドライブ側)と減速側(コースト側)に非対称の差動制限力を持たせた(しかも、コースト側のほうが強い)のが特徴。

スーパーLSDはコイルスプリングでイニシャルトルクを付与していましたが、アシンメトリックLSDでは皿ばねでイニシャルトルクを設定しています。

Asymmetric_LSD_2.jpg

カムリングを見ます。

カムが非対称なのがわかるでしょうか。

Asymmetric_LSD_3.jpg

こちらはスーパーLSD実車搭載状態(RS)。

Super LSD
Old_Roadster_LSD_1.jpg

こちらはアシンメトリックLSD(RS)。

Asymmetric LSD
New_Roadster_LSD_1.jpg

リョービの「R」マークが見えます(つまり、ケースはリョービ製)。

New_Roadster_LSD_2.jpg

こんなふうに収まっています。

Asymmetric_LSD_1.jpg

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント