SSブログ

【JMS2023】レース車両に生かしたいニッサン・ハイパーフォースの注目技術 [クルマ]

日産自動車が『ジャパンモビリティショー2023』に出展した5台のEVコンセプトカーのうち1台が、最大出力1000kWを発生するという触れ込みのハイパーフォースです。

IMG_5860.jpg

ランダムに明滅するフロントマスクのバッジ、「GT-R」を表現しているようにも見えますが……。

IMG_5870.jpg

それはともかく、空力についてはNISMOがきっちり監修していて、見どころたっぷりです。

リヤウイング後縁の一部、ステーの後方に位置するあたりのギザギザ状の処理など、芸コマです。

IMG_5890.jpg

「NISSAN」ロゴの上にあるスリットにも意味あり。

IMG_5896.jpg

空力についての概要はこちら↓でまとめています。



ハイパーフォースは空力以外にも興味深い技術を搭載している想定で、「サーキット走行時のリスクを最大限に減らす」技術にも力を入れています。

「ハイパーライダー」と名づけていますが、フロントとリヤにLiDAR(レーザー光を対象物に照射し、反射して戻る光から物体の形状や距離を計測するセンサー)搭載。

231010_Nissan_Hyper_Force_4k_CGI_02.jpg

自車周囲の状況を認識することで、例えば、ブラインドスポットに他車がいる状況でステアリングを切り込んだ際、「ぶつかる」とシステムが判断した場合は、ドライバーに警告したり、衝突を回避する制御を介入させたりします。

231023_Nissan_JMS23_Hyper_Force_Design_CGI_Image_15.jpg

相次ぐアクシデントを見ていると、この技術、SUPER GT GT500車両に搭載して磨く価値があると思うのですが、いかがでしょう。

難易度はより高くなるかもしれませんが、ホンダの二人乗り四輪電動モビリティCI-MEVのように、カメラのみで「ぶつからない」機能を成立させるトライも価値があるように思います。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント