SSブログ

【WEC】スパ・フランコルシャン6時間のタイヤ [モータースポーツ]

ラディヨン〜オー・ルージュが再舗装されたことにより、この区間ではリヤタイヤに以前より大きな縦荷重が掛かるようになったと、ミシュランの技術者は説明しています。

wec_rd2_708.jpg
photo:Jan Patrick Wagner/focuspackmedia.com

ハイパーカーカテゴリーのポールポジションはグリッケンハウス007 LMHが獲得しました。

レースではどのような展開になるでしょうか。

フロントに29/71-18、リヤに34/71-18サイズのミシュランタイヤを履くグリッケンハウスとトヨタGR010ハイブリッドは、「ソフト・ホット」「ミディアム」のスリックタイヤを選択。

一方、前後とも31/71-18サイズのタイヤを履くアルピーヌA480は、「ソフト・コールド」「ソフト・ホット」を選択しています。

wec_rd2_spa-tyre-allocation.jpg
(クリックで拡大)

LM GTE Proでは、シボレー・コルベットC8.Rがソフト寄りの選択です(LMP2はグッドイヤーが供給)。

トヨタGR010ハイブリッドの「ハイブリッドシステム開発」のレポート、後編はこちら↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント