SSブログ

【F1】アルファロメオC41・空力パーツなどの機能説明 [F1]

アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)は、F1世界選手権の2021年シーズンを戦った、アルファロメオC41の壁紙を公開しています。

イラストを用い、空力パーツやステアリングの機能を解説しています。

C41_1.jpg
(クリックで拡大)

壁紙は全部で5種類です。

高解像度版のダウンロードはこちら↓



まずは全体説明。

C41_2.jpg
(クリックで拡大)

フロントウイングの機能説明をしています。

縦渦生成装置としての、フロントウイングティップの役割に注目です。

C41_3.jpg
(クリックで拡大)

リヤウイングとディフューザーの役割を説明しています。

翼端渦の原理を解説。

C41_4.jpg
(クリックで拡大)

ステアリングホイール上のボタンや表示について説明しています。

タイヤ表面温度を見ると、とても素手では触れないことがわかります。

C41_5.jpg
(クリックで拡大)

この手のサービス、大歓迎です。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

これで完結『Honda RA620H&RA621H』 [F1]

「全4冊で完全網羅。ホンダF1第4期活動のすべて」の4冊目、『Honda RA620H & RA621H HONDA Racing Addict Vol.4 2020-2021 (F1速報 別冊)』が発売されました。

2020年と2021年のF1シーズンにホンダが投入したパワーユニット、RA620H(2020年)とRA621H(2021年)にまつわるストーリーが中心です。

IMG_0526.jpg

「全4冊で完全網羅」ですが、振り返ってみると、いろいろ(濃い)物語があるものですね。

IMG_0538.jpg

Honda RA620H & RA621H HONDA Racing Addict Vol.4 2020-2021 (F1速報 別冊)』のハイライトは、2021年シーズンに投入したRA621Hにまつわるストーリーでしょうか。

計画を前倒しして投入を決断したわけですが、とことん綱渡りの開発だったことがわかります。

そして、どれだけ意欲的なコンセプトなのかも。

結果を考えると、投入してよかった。いや、投入していなければマズかった……。

IMG_0544.jpg

歴代パワーユニットの体格(とコンプレッサーの体格と搭載位置)の変遷は、誌面でじっくりご確認ください。

RA621Hで投入した新デバイスの「CB2」や、第12戦ベルギーGPで投入した新開発のバッテリーについても注目です。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:自動車

NHK BS1スペシャル『30年ぶりの栄冠! ホンダF1 最後の闘い』は2022年1月2日放送 [F1]

NHK BS1スペシャル『30年ぶりの栄冠! ホンダF1 最後の闘い』が2022年1月2日(日)に下記のスケジュールで放送されます。

第1部:20:00-20:50 / 第2部:21:00-21:49
(20:50-21:00の10分間はニュース)

【再放送】1月9日(日) 第1部14:00-14:50 / 第2部15:00-15:49

Honda_BS1_1.jpg

チャンピオン獲得までの闘いを、レースの振り返りと、それを支えたホンダの技術を中心に紹介するドキュメンタリー番組だそう。

要チェックです。

Honda_BS1_2.jpg

こちら↓は再放送。

BS1スペシャル『このままでは終われない! ホンダF1と角田裕毅の挑戦』

2022年1月9日(日) 第1部:12:00-12:50 / 第2部:13:00-13:49
(2021年3月に放送した番組の再放送)

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1】2026年のパワーユニット規定(大枠) [F1]

FIAは2026年のパワーユニット・レギュレーションについて発表しました(2021年12月15日)。

新規定のポイントは下記です(ほぼ直訳)。

・強力な環境メッセージ:100%サステナブルな燃料、総合効率、電動パワーにシフト
・大幅なコスト削減:技術、運営、財政面で
・新規参入者:競争力のあるレベルで参加できるようにする
・「ショー」を守る:パワフルかつ高回転のパワーユニット、車両のパフォーマンス、サウンド、ドライバーのレース能力、大きな差がつかないようにする

IMG_3214.jpg

上記のポイントを満足させるためのパワーユニット規定が下記の4本柱、というわけです。

・1.6リッターV6エンジンを保持
・電気(モーター)の出力を350kWに増大(現行MGU-Kの最高出力は120kW)
・MGU-H(熱エネルギー回生システム)を廃止
・パワーユニットのコスト制限を導入

2026年パワーユニット・レギュレーションの詳細は、2022年初頭にも世界モータースポーツ評議会に提出される予定(→詳細が明らかになる予定)。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1】最終戦アブダビGPの舞台となるヤス・マリーナ・サーキットのコース改修内容 [F1]

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)のタイトル決定戦となる2021年F1最終戦(第22戦)アブダビGPの決勝レースは、12月12日に行われます。

決戦の舞台となるヤス・マリーナ・サーキットは、安全性の向上と追い越し機会のさらなる創出を狙い、コースの改修が行われました。

改修により、21あったコーナー数は16に減り、全長は5.554kmから5.281kmへと、273m短くなっています。これにともない、決勝レースの周回数は3周増え、58周となります。

大きくレイアウトが変わるのは、従来のターン5〜6〜7です。これら3つのコーナーはひとつになり、T5と呼ばれることになります。

バックに敷いてある旧レイアウトを参照しながら、新レイアウトの様子をご確認ください。

YasMarina_modified_1.jpg
(クリックで拡大)

実際はこんなふう。

YasMarina_T5.jpg

また、従来のターン11〜12〜13〜14もひとつにまとまり、T9になります。

YasMarina_modified_2.jpg
(クリックで拡大)

現地の様子はこんな感じ。

緩いバンクが付けられています。

YasMarina_T9.jpg

これらの改修により、新ヤス・マリーナ・サーキットの追い越しポイントは、T5、T6(旧ターン8、バックストレートエンド)、T9、T12(旧ターン17、ホテルの手前)、T16(旧ターン21、最終コーナー)となる模様。

コースの改修を手がけたのは、ポールリカール(フランス)の再舗装や、ザントフールト(オランダ)の改修を手がけた、イタリアのドローモ(Dromo)社。

YasMarina_surface.jpg

全面改修および再舗装したわけではなく、旧舗装と新舗装が混在しています。

YasMarina_hotel.jpg

さて、どんなドラマを生むことやら。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

完成間近なサウジアラビアのサーキット [F1]

「サーキットの完成、間に合うのか?」と話題になっているサウジアラビアGPの舞台、ジッダ・コーニッシュ・サーキットですが、「完成間近」だとして現況の写真を公開しました(11月21日)。

初開催となるF1第21戦サウジアラビアGPは12月3日〜5日の開催です。

ASH_0411-Edit.jpeg

決勝はナイトレースとして行われます。

DJI_0886 copy.jpeg

こちらはメインストレート(全長6.175km)。

ASH_0626.jpeg

ピットビルディング。

ASH_0639.jpeg

ピットレーン。

ASH_1805-Edit.jpeg

ピットの内側はこんなふう。

ASH_0522.jpeg

サーキットの建設は健全かつ安全な労働環境で行われ、重大な事故は発生していないと、サーキット側は報告しています。

WhatsApp Image 2021-11-21 at 11.14.4.jpeg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1】砂対策のエアフィルター(2004年) [F1]

F1カタールGPが初開催中ですが、派手に舞っている砂で思い出しました。

初開催だった2004年のバーレーンGPにトヨタが用意したエアフィルターがこちら↓

2枚重ねっている上が通常版、下は砂が舞うと予想された(実際に舞ってましたが)バーレーンGP仕様です。

厚みの違いがわかるでしょうか。

IMG_2173.jpg

バーレーンGP仕様は濾過面積が広いだけでなく、フィルターの目が細かくなっています。

IMG_2175.jpg

最新のエアフィルターはどうなんでしょうね。

IMG_2213.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

鈴鹿サーキット限定トリプルロゴキャップ(完売) [F1]

鈴鹿サーキット(モビリティランド)のオンラインショップを覗いてみたところ、残念ながら「完売」でした。

https://online.mobilityland.co.jp/SelectCategory.aspx?LGenreCode=10&SGenreCode=0000201

幻に終わった2021年のF1日本GPに向けて用意された限定キャップがあった。

その記録として残しておきます。

鈴鹿サーキット限定トリプルロゴキャップ
IMG_8985.jpeg

正面に「HONDA」のロゴがあり、左側面に「Red Bull Racing」のロゴがあって、

IMG_8980.jpeg

右側面に「Scuderia ALPHA TAURI」のロゴがあり、トリプルロゴ。

IMG_8991.jpeg

SUZUKA CIRCUIT(鈴鹿サーキット)のロゴは2022年3月1日に一新されるので、これが見納め。

https://www.mobilityland.co.jp/pressroom/news.html

IMG_8987.jpeg

サイズ調整部分は赤地に「HONDA」ロゴ。

IMG_8998.jpeg

キャップの後ろ3分の1は、伝統紋様である「青海波(せいがいは)」があしらわれています。

IMG_9001.jpeg

つばの裏は日の丸。

IMG_9011.jpeg

このキャップ被った人の波、10月の鈴鹿サーキットで見たかったですねぇ。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ホンダ社食のカレーうどんの素とF1グッズ [F1]

Hondaウエルカムプラザ青山をうろうろしていたところ、カフェ(MILES Honda Cafe)のとなりでグッズを販売していることに気づきました。

MILES Honda Shopです。

https://www.honda.co.jp/welcome-plaza/contents/guide/shop/

ふーん、まあ、そういうもの売ってるんだよねぇと、流すようにして見ていたのですが、あるブツの前で思わず立ち止まってしまいました。

『ホンダ社食のカレーうどんの素』

IMG_8826.jpg

栃木研究所味、熊本製作所味、鈴鹿製作所味、埼玉製作所味、浜松製作所味の5種類があり、価格は各290円。

以前、別の場所で買った記憶があるのですが(確か「栃研」の味)、食べた記憶がない(どこかにしまい込んだまま忘れている?)。

IMG_8827.jpg

F1関連グッズはキャップやミニチュアモデルが置いてありました。

IMG_8828.jpg

まあ、そんなもんだよねと通り過ぎようとしたのですが、並びで奇っ怪なグラフィックを発見。

IMG_8833.jpg

2020年のF1パワーユニット、Honda RA620Hを後ろから見た様子が描かれています。

2015年のRA615Hから2019年のRA619Hまでは展示用エンジンが存在するので実機を見ることも可能ですが(ホンダ側がチャンスを与えてくれれば)、 RA620Hは存在しません。

それがこんな格好で確認できるとは。

IMG_8832.jpg

買いました。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Hondaウエルカムプラザ青山のF1関連展示(2021年10月28日現在) [F1]

B1と2Fに用があったので、これ幸いと(気持ち的に)F1関連展示を駆け足で見てきました。

展示内容は目まぐるしく変わっているようで、明日(10月29日)には模様替えという話も……。

IMG_5486.jpg

2019年のパワーユニット、Honda RA619Hがありました。

実物は(何度見ても)迫力ありますね。

開発ストーリーは、『Honda RA618H - RA619H HONDA Racing Addict Vol.3 2018 〜 2019 (F1速報 別冊)』でご確認ください。

IMG_5488.jpg

月並みな表現ですが、タービンもコンプレッサーもデカイ。しかも、離れている(MGU-Hを挟んでいることもあり)。

IMG_5495.jpg

最大噴射圧500bar(規定)の高圧燃料ポンプがはっきり見えます。

Bosch Motorsportの印字があります。

IMG_5496.jpg

奥にアルファタウリ・ホンダのショーカーが展示してありました。

壁には優勝記念のポスター。

IMG_5515.jpg

これ見たかったんですよね。

幻となったF1日本GP優勝トロフィー。

IMG_5505.jpg

六角形を基本とした、麻の葉紋様。

「麻は丈夫ですくすくとまっすぐにのびることから、子供の産着に用いる風習があった」と、手元の『日本・中国の紋様事典/視覚デザイン研究所 編』に記述があります(久々に引っ張り出しました)。

IMG_5508.jpg

基部はピストンを模したデザイン。

IMG_5511.jpg

「ありがとう」のパネル。

IMG_5499.jpg

メインエントランス前です。

レッドブル・ホンダのショーカーと、RC213Vのツーショット。

IMG_5502.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車