So-net無料ブログ作成

初めての甲子園球場と前の晩を過ごした大阪 [旅(国内)]

世間的にはお盆休みだったせいで、なんとかやりくりができ(半ば無理矢理な気が……)、母校(早稲田実業)の応援に行ってきました。8月15日の3回戦、対東海大甲府戦です。

IMG_2173.jpg

なぜか早稲田実業戦は毎回第1試合(準々決勝含めて4試合連続)。ということは試合開始は8時なわけで、東京駅を始発の新幹線(つい1ヵ月前に経験済み)に乗っても間に合いません。なので、前泊は必須。東京駅16時40分発ののぞみに乗って新大阪駅に向かいました。

先に大阪入りしている同級生に着時間の連絡をしようと、席に着いたところでiPhoneを取り出したところが、電源が切れています。「?」と思いつつ電源ボタンを押しても起動しません。バッテリー残量はあったはずなのに……。

再起動(電源ボタンとホームボタンの同時押し)という操作を知らなかったのですね。この数年間必要なかったので。なすすべなしだったので文庫本を読みふけり、ひとまず大阪駅に出て梅田のヨドバシカメラに駆け込み「再起動してみました?」「は?」みたいなやりとりをして、iPhoneの件はひと段落。

同級生に連絡すると、「御堂筋線に乗って本町に来い。たこ焼き食べているから」とのことだったのですが、「御堂筋線ってJR?」と聞き返すぐらい大阪にはうといです。

友だちの友だちは大阪の人たちで、「裏なんば」を紹介してくれるというので、よろこんでついていきました(難波が何かも知らないので、その「裏」がどんなふうなのかも、さっぱり見当つかないんですけどね)。

で、2軒目です。

IMG_4383.jpg

住居表示的には難波千日前で、「グランド花月」の近くです(最近「ちかく」と打つと最初に「遅角」が出てきてしまう)。

IMG_4385.jpg

3軒目。

IMG_4387.jpg

4軒目。

IMG_4390.jpg

記憶では3軒目だと思っていたのに、撮った写真を振り返ってみたら5軒目だったバー。

IMG_2144.jpg

どの店も安くてうまい(後半3軒は酒オンリー)ことは覚えていますが、5軒目を出てホテルまでの記憶はないかな〜。追記:大阪で応対していただいた方の指摘により、この後、麻婆豆腐を食べていたこと(つまり6軒目)が判明(記憶なし)。だから、夕方まで食欲なかったのか(違う)。3時半にチェックインして4時45分にチェックアウトです。つぎはまじめに泊まります。

タクシーに乗った記憶はありますが、気づいたら甲子園球場でした。5時24分着。

IMG_4397.jpg

すでに、阪神高速の高架下に人がわんさかいます。

IMG_4398.jpg

最後に野球を生で見たのはどこだったかなぁ。後楽園球場だったかなぁ……。

IMG_4399.jpg

ありがたい!

IMG_4400.jpg

ゲートの行列に並びます。6時11分。

IMG_4401.jpg

予定(7時)より早く、6時25分にゲートが開きました。

IMG_4402.jpg

なんと清々しい眺めだこと(と、いまだから言えます)。みんなで拳を振り上げているのは、試合開始前にエールを交換し、校歌を歌っているからですね。十数名の同級生が固まって観戦。仲間と一緒なのもうれしいですね。

IMG_2153.jpg

在学中は男子校だったもので、女子のリーダーが声を張っているのを見ると、感慨深いものがありますね。

IMG_2161.jpg

唐突ですが、第1打席で、清宮がデッドボールを受けた瞬間。

IMG_2165.jpg

清宮が覚醒したし、加藤がつづいたし、いやぁ、いい試合でした(と、勝ったから言えます)。2番手の上條も良かった。この日一日、頭の中を「紺碧の空」(早稲田大学応援歌)がぐーるぐる。

IMG_2181.jpg

応援しに行ったつもりが、元気をもらって帰ってきました(体が本調子に戻ったのはその日の晩ですが)。

IMG_2184.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

飫肥城下町 [旅(国内)]

青島から約43km、鵜戸神宮からは約18km内陸に進むと、飫肥の城下町に着きます。いい雰囲気です。

DSCN0732.JPG

散策の前に腹ごしらえです。名物「おび天」がついたうどんを注文しました。そのおび天、黒砂糖を混ぜ合わせているせいか、甘みがありますね。好みです。

DSCN0727.JPG

腹ごしらえが済んだので、散策です。飫肥城の門の内側に入ってみます。いい眺めです。

DSCN0746.JPG

御用商人の屋敷を飲食処に転用した服部亭。城の堀に沿った通りにあります。外観は純和風ですが……

DSCN0756.JPG

玄関はハッとするほど洋風です。

DSCN0755.JPG

武家屋敷が建ち並ぶ通りを後にして南下すると(城から離れます)、町家が立ち並ぶ通りに出くわします。貴族院議員を務めた高橋源治郎の住宅で、明治中期の建築だそう。タイムスリップしたような気分になります。

DSCN0781.JPG

厚焼き卵も名物なのですね。お店が何軒も並んでいました。

DSCN0789.JPG

厚焼き卵というより、プリンのような食感です。

DSCN0793.JPG

その土地のスーパーマーケットのチェックは必須(らしいです)。

DSCN0770.JPG

上の写真とは別の店の商品棚ですが、自動販売機もしかり、宮崎ではマンゴー味の「スコール」が目に付きました。ので、買いました。

IMG_3236.jpg

宮崎空港で預け荷物をチェックインしようとX線検査をしたところ、「お酒が入っていますね。出してください」と言われました。飲みかけの焼酎のボトルがいけなかったようです。ほかに未開封のボトルが2〜3本入っていたのですが、そっちはノーチェックだったような……。

DSCN0808.JPG

さてこれでオーケーと機内持ち込み荷物を検査したところが、また呼び止められました。いつの間にか子供がバッグに入れていた中国製のピストル(BB弾使用)がいけなかったようです。「すみません、これは持ち込めないんですぅ」と、申し訳なさそうに言う係員。理由はなんとなくわかるような気がします。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

鵜戸神宮 [旅(国内)]

青島を起点に日南海岸を25kmほど南下し、鵜戸神宮を目指します。日差しが強くてふくらはぎが痛みます……。門の前にある灯籠は、天保三年(1832年)に大坂の両替商・油屋善兵衛が紙開発(飫肥藩領内で生産し、善兵衛が大坂で販売)の成功を祈念して奉納したもの。といった由来を読みながら歩くのが楽しい。

DSCN0659.JPG

本殿は日向灘に面した岩窟内に建てられています。見物ですね。

DSCN0689.JPG
DSCN0685.JPG

参拝を済ませた後は、賽銭がわりのレクリエーションです。運玉。

DSCN0691.jpg

素焼きの運玉(5個100円)を亀石の枡形(矢印)に向かって投げ入れます。俯瞰するとこんな情景。

DSCN0669.jpg

左利きの男性と右利きの女性に有利にできたルール(難癖です)。

DSCN0696.jpg

一投するたびに「あ〜〜〜」と腰を落として我が事のようにリアクションする隣の観光客にペースを乱されて完敗(と、言い訳)。でも、亀の背中には当たったので、願いは叶うはず。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

桜島 [旅(国内)]

せっかくレンタカーを借りたので、(カギの紛失に気をつけながら)出かけます。青島発、桜島経由で鹿児島市内。往路は130kmほどのドライブです。

途中、道の駅「たるみず」で休憩。足湯がありましたが、すねとふくらはぎが真っ赤っかだったのでパスします。桜島は大正3年(1914年)の大噴火で大隅半島と地続き(矢印)になっています。

DSCN0534.jpg

島の南岸沿いをたどってフェリー乗り場へ。錦江湾を15分で渡る「桜島フェリー」は24時間運航。日中は10〜15分間隔で運航しています。

DSCN0566.JPG

途中、桜島港行きのフェリーとすれ違います。

DSCN0574.JPG

鹿児島名物「天文館むじゃき」に寄りました。

DSCN0605.JPG

「白くま」を注文する前に腹ごしらえ。きびなごの刺身と豚の角煮。

DSCN0595.JPG
DSCN0593.JPG

「白くま」の顔に見えるはずなんですが、わからずじまい……。

DSCN0602.JPG

「西郷さん」を信号待ちの間に見物。

DSCN0608.JPG

標高107mの城山展望台から、桜島を眺めます。雲がとれていました。

DSCN0616.JPG

駐車場から展望台に向かう道中にみやげ物屋が数軒並んでいます。買い物をすると板垣退助の旧100円札や岩倉具視の旧500円札でおつりをくれる店が目に入りました。んじゃまあ、おつりで100円札をいただきましょうかと1000円札を握りしめて品物を物色しているのに、なぜ1000円単位の高額商品ばかり勧めるのでしょうかねぇ(笑)

DSCN0641.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

青島 [旅(国内)]

中国山東省の「チンタオ」ではありません。宮崎県宮崎市の「あおしま」です。もう1週間経ちますが、旅行してきました。宮崎空港からクルマで30分ほどで到着。

DSCN0402.JPG

島の入口にレンタカーをとめ、歩いて渡ります。

DSCN0421.JPG

波の浸食でできた岩に囲まれていますが、奇観です。岩間に取り残された水たまりで、カニや小魚、エビ、ナマコ、ヤドカリなどを観察することができます。

DSCN0412.JPG

レンタカーのカギを落としているとは知らず、のんきに観光をつづけます。

DSCN0448.JPG

島にある青島神社です。亜熱帯性の植物が茂っています。

DSCN0424.JPG

陸地に戻る途中で砂浜を見ると、お兄さんが棒で絵を描いていました。

DSCN0492.JPG

トゥクトゥクの運転手さん(料金はチップ制)です。上手ですね。この頃、レンタカーのカギを落としていることに気づきます。たどったと思われるルートをもう一巡してみたり、社務所で尋ねてみたりしたものの、見つからず。おかげでだいぶ日焼けしました(海水浴で日焼けしないように入念に準備したのに、意味なし)。

レンタカー会社に連絡してみると、「カギ持っていきますよ。30分ほど待ってください」との親切な応対。大いに助かりました(待つ間に刺身定食食らう)。

DSCN0495.JPG

やや遠方から望んだ青島。

DSCN0499.jpg

暗くなるのを待って夕食に出かけがてら散歩。天の川を肉眼で確認したのは久しぶり。

DSCN0523.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

富岡製糸場(2008年) [旅(国内)]

記事に触発されて、再び見に行きたくなりました。



世界遺産の暫定リストに載ったのが2007年。以下の写真はすべて2008年の撮影です。

100_0154.jpg

明治政府による官営模範工場。

100_0157.jpg

要石に竣工年が刻んであります。

100_0141.jpg

繭を保管していた倉庫。圧巻です。(建物の荷重は木の骨組みで支える)木骨煉瓦造(煉瓦は非耐力壁)の巨大建造物。

100_0114.jpg

官営横須賀製鉄所の建設にあたって技術指導したフランス人土木建築設計師エドモンド・アルフレッド・バスチャンが設計に携わったため、煉瓦はフランス積み。

100_0112.jpg

小口と長手を交互に並べる積み方が説明されていました。

100_0144.jpg

タイルにも趣があります。

100_0147.jpg

ファンライト。

100_0143.jpg

操糸場は柱のない大空間。キングポストトラスの連続がたまりません。

100_0128.jpg

興奮しますねぇ。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

大丸心斎橋店(2003年) [旅(国内)]

現金なもので「建て替えられる見通し」と知って、急に見に行きたくなりました。



以下の写真はすべて2003年の撮影(当時手持ちのデジカメは200万画素だったんですねぇ……)。

030325daimaru1.JPG

幾何学模様の反復がたまりません。

030325daimaru7.JPG

1階エレベーターホール。

030325daimaru2.JPG

階段と踊り場。

030325daimaru6.JPG

エントランス(店内側)。

030325daimaru4.JPG

メザニンのある1階売り場。

030325daimaru3.JPG

1階天井。

030325daimaru5.JPG

アールデコの真骨頂ですね。大阪に行く用事ないかなぁ。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

広島市中区・近代建築散歩その2 [旅(国内)]

つづきです。本通りの広島アンデルセンを後にし、少し西に歩くと、広島電鉄が走る国道54号線にぶつかります。

DSCN2125.JPG

袋町停留場前にあるのが、旧日本銀行広島支店(1936年/長野宇平治)。これぞ銀行建築、ですね。

FSCN2225.JPG

爆心地から380m。「42人の犠牲者が出た」と書いてあります。

DSCN2081.JPG

2000年に広島市に無償譲与され、2001年から市の管理で一般公開されています。

FSCN2226.JPG

開館直後だったせいか、館内貸し切り状態。ふだんの建築散歩なら大歓迎な状況ですが、かなり微妙(というか不安)な気分でした。ガラス屋根の吹き抜けがある営業室からロビーの眺め。

DSCN2095.JPG

さらに西に進んで元安川を渡り、平和記念公園(1954年)に入ります。レストハウスとして使われている建物は元呉服店(1929年)。やわらかい印象を受けますね。

FSCN2242.JPG

広島平和記念資料館(1955年/丹下健三)。

FSCN2238.JPG
DSCN2165.JPG

遠くから眺めても近くで眺めても、建物越しに背景を眺めても「絵」になります。

FSCN2240.JPG

原爆ドームとしてではなく、竣工時の面影を残した、「現存する旧広島県産業奨励館(1915年/ヤン・レツル)」として眺めたい建物です。鉄骨入り、煉瓦・石造。

DSCN2179.JPG

原爆投下日が誕生日なもので、何というか、「広島」には一方的に引っかかりを感じております。

DSCN2196.JPG
DSCN2202.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

広島市中区・近代建築散歩 [旅(国内)]

せっかく広島駅近くに泊まったので、やや早起きして建築散歩しました。いつものように対象は、幕末〜昭和初期の洋風・洋式建築です。

八丁堀の交差点に立ちます。東西(写真の左右)を走るのは、広島城の外堀を埋めた相生通り。

DSCN2030.JPG

その交差点南東角に福屋八丁堀本店・本館(1938年/渡辺仁)があります。設計者が同じなので、ついつい銀座和光(1932年)と対比させて眺めてしまいますね。同じ角地だし、大規模商業建築の点で共通していますし。

DSCN2035.JPG

垂直線を強調しているのが特徴です。外壁は明るい色合いのテラコッタで覆われています。いいですねぇ。

DSCN2048.JPG

戦前の建物が現存しているということは、被爆しているということです。数百メートル南に移動して本通商店街のアーケードに向かいます。栄えていますねぇ。ちょっと脇道にそれるとバーがいくつも……。

パルコです。

DSCN2060.JPG

この場所にあって被爆したキリンビヤホール(1938年)の外壁が一部保存されています(爆心地から約670m)。純粋に建築を楽しめないのがつらいところです。

DSCN2054.JPG

本通りのアーケードを西(平和記念公園方面)に向かうと、広島アンデルセン(パン屋)にたどり着きます。旧帝国銀行広島支店。それ以前は三井銀行広島支店(1925年/長野宇平治)。

FSCN2224.JPG

重厚な銀行建築だったはずですが、オリジナルを思い浮かべるには想像力が必要です。しかし、残してくれているだけで感謝です。

DSCN2074.JPG

当然のごとく、被爆しています。説明板によると爆心地から約360m。建築散歩、いつもはもっと楽しいのですが、今回は重たい気分の方がまさっています。

DSCN2070.JPG

つづく。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

京都駅周辺・近代建築散歩 [旅(国内)]

8月の訪問時は建築散歩できなかったので、半ば無理矢理、散歩してきました。といっても京都駅前から七条通の一角を巡っておしまい、でしたが。

お目当ては関西電力京都支店(1937年/武田五一)。低層階中央部の黒御影石が目を引きますね。

DSCN0511.JPG

コーナーがカーブした建築が好きなもので、ついつい立ち止まって見上げてしまいます。

FSCN0585.JPG

駅を出てすぐ左手に見えるのは京都中央郵便局(1961年)。張り出した軒が仏塔を思わせます。

DSCN0504.JPG

東京駅の丸の内側は高層墓石建築が林立していますが、京都駅烏丸口側はかろうじて100尺スカイラインが残っています。

DSCN0507.JPG

コーナーのカーブ目当てで旧野村生命京都ビル(1937年、安井武雄)に向かいました。関西電力京都支店と同じ年の竣工だと思うと、感慨深い(?)。竣工時の外壁は淡い色だったよう。

DSCN0523.JPG

モダンですね。やはり見上げます。

FSCN0579.JPG

七条通を挟んで東本願寺側にあるのが旧不動貯金銀行京都七条支店(現京都中央信用金庫関連施設/1930年/関根要太郎)。

DSCN0519.JPG

東本願寺を背にして京都駅方面を眺めると、旧不動貯金銀行京都七条支店と旧野村生命京都ビル越しに(金融機関が向き合っていたわけですね)京都タワーが見えます。

DSCN0530.JPG

その京都タワー(1964年/山田守)、定点観測しておきます。

直近の観測時↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2013-09-02

竣工直後はさぞかし異質だったことでしょうが、もうなじんでいる?

DSCN0575.JPG

京都駅ビル(1997年/原広司)はどうでしょう。もう17年になるんですね。

FSCN0577.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行