SSブログ
2024年05月| 2024年06月 |- ブログトップ

【人テク2024】NIPPOの低μタイル - 圧雪路面の再現は難しい? [クルマ]

散発的で恐縮です。今回は路面のスペシャリスト、NIPPO(ニッポ)のブースから。

自動車メーカーや部品メーカーのテストコースの路面づくりを行っています。

IMG_8870.jpg

鈴鹿サーキットの「NIPPOコーナー」(逆バンクのつぎ)でもおなじみですね。

富士スピードウェイやモビリティリゾートもてぎのレーシングコース建設にも携わっています。

IMG_8868.jpg

人テク展では、テストコースの低μ路(テイ・ミュー・ロ)に敷く低μタイルが展示されていました。

IMG_8851.jpg

「300」や「500」などの数字はμ(ミュー:路面抵抗)を表しています。

300はμ=0.3、500は0.5相当です。

IMG_8878.jpg
IMG_8864.jpg

タイルの上に水を撒くと、0.3だったり、0.5だったりのμになります。

氷雪路相当の100(0.1)や150(0.15)の表面は、浴室タイルのようにツルツルです。

IMG_8873.jpg
IMG_8871.jpg

溝や突起はμを調節するため。

IMG_8875.jpg

引き合いが多いのは、圧雪路相当の350(μ=0.35)だそう。

ツルツルではなく適度なμを必要とするので、つくりが難しいのだそう。

IMG_8865.jpg

国内自動車メーカー、部品メーカーの採用例多し、だそうです。

低μ路に水を撒くノズルも手がけています。

IMG_8858.jpg

あまり高く飛ぶとフロントガラスに当たって視界を遮ってしまうので、低く、(μが安定するよう)まんべんなく飛ばすのがポイント。

話の奥が深いです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【人テク2024】スバルのS耐使用エンジン部品と再生カーボン材 [モータースポーツ]

『人とくるまのテクノロジー展2024YOKOHAMA』で見かけたモータースポーツ関連部品、スバルのブースからお届けします。

今回の人テクから自動車メーカー系ブース、すべてパシフィコ横浜の北ホールに集まっていました。

スバルのブースには、スーパー耐久シリーズに参戦するBRZが搭載するFA24型、2.4L水平対向4気筒自然吸気エンジンの部品が展示されていました。

IMG_8802.jpg

2023年第5戦もてぎで約2000kmを走ったピストンとピストンピン、コンロッドです。

直噴インジェクターの噴霧がぶつかるところだけ扇状に色が違いますね。

IMG_8819.jpg

カーボンニュートラル燃料を使っても、従来のエンジンそのままですよ、という意図だそう。

IMG_8828.jpg
IMG_8812.jpg

こちらは2022年第3戦SUGOから使用する、カーボンボンネットフード。

それまでのアルミ製ボンネットに対し、2.0kgの軽量化を実現したそう。

IMG_8799.jpg

ただのカーボン(CFRP:炭素繊維強化プラスチック)ではなく、再生カーボン材を使っています。

IMG_8789.jpg

SUBARU航空宇宙カンパニーで航空機製造時に出る端材(「みなさんが想像するよりだいぶ大きい」のだそう)を再生し、使用。

端材のプリプレグ(炭素繊維に樹脂を含浸させたシート)から樹脂のみを焼き飛ばし、炭素繊維に戻して、再度プリプレグにしてCFRP材をつくります。

炭素繊維をイチから作る工程に比べ、製造エネルギーを10分の1程度に抑えることができ、そのぶんCO2排出量の低減につながるというわけです。

IMG_8794.jpg

再生カーボン材、いいですね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

2024年05月|2024年06月 |- ブログトップ