SSブログ

『モータースポーツ技術と文化』は7月14日開催(オンライン/参加費無料) [モータースポーツ]

自動車技術会フォーラム『モータースポーツ技術と文化』の開催日が近づいてまいりました。

オンライン開催のみで、参加費は無料です。

7月14日(木)、14時〜17時半の開催。

参加申し込み・詳細はこちら↓
https://www.jsae.or.jp/02event/forum.php

講演プログラムは以下のとおり。

モータースポーツ新潮流(モータースポーツ部門委員会からの提言)
田中秀尚氏(三菱総合研究所サスティナビリティ本部/スマート・リージョン本部)

水素エンジン開発
山地一徳氏(トヨタ自動車 GRパワトレ開発部)

WOMEN IN MOTORSPORT ガバナンスと発展
井原慶子氏(WOMAN IN MOTORSPORT)

EVモータースポーツ
田嶋伸博氏(タジマモーターコーポレーション)

スーパー耐久シリーズでのCN燃料へのチャレンジ
嶋内新氏(SUBARU 技術本部 車両環境開発部)

TCMS_2022.jpg
(クリックで拡大)

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

【WEC】モンツァ6時間のハイパーカーBOPテーブル [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)第4戦モンツァ6時間から、プジョーがル・マン・ハイパーカー(LMH)カテゴリーに参戦しています。

Peugeot 9X8
9X8_Monza.jpg
Photo:Marius Hecker/focuspackmedia.com



9X8のオンボード映像↓



グリッケンハウスは、赤白(黒)のトヨタや、同じく赤白(黒)のポルシェ963とのカラーリング被りを避けるべく、赤白のカラーリングをスカイブルーに変更してきました。

Glickenhaus 007 LMH
708_Monza.jpg
Photo:Marius Hecker/focuspackmedia.com

トヨタは変わりなし?

TOYOTA GAZOO Racing GR010 Hybrid
GR010_Monza.jpg

BOP(性能調整)テーブルが出ていますので、見てみましょう。

カッコ内は前戦ル・マン24時間との差です。

車両によって差はありますが、総じて最高出力が引き上げられています。LMP2との速度差が大きくなるので、抜きやすくなるでしょうか。

2022_Monza_Table.jpg
(クリックで拡大)

スリックタイヤ(ミシュラン)は、トヨタ、グリッケンハウス、プジョーがソフト・ホット、ミディアムを選択。

アルピーヌは1段階柔らかめのソフト・コールド、ソフト・ホットを選択しています。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(1)  コメント(0) 

日産グローバル本社ギャラリーのローレル3台 [クルマ]

近くに寄ったら必ず(いや、だいたい)確認せずにはいられないのが、日産グローバル本社ギャラリー内にあるヘリテージ車両のコーナーです。

先週訪れた際は、ローレルが3台展示してありました。

IMG_8369.jpg

初代ローレル(C30型/1968年。説明パネルより。以下同)です。

IMG_8372.jpg

中央は2代目ローレル(C130型/C130型)。

IMG_8376.jpg

「Z」を描く特徴的なボディサイドのラインは「サンダーストリーム」と呼ぶのだそう。

IMG_8391.jpg

奥は5代目ローレル(GC32型/1984年)。

正式には、ローレル・4ドアハードトップ・ターボメダリスト・エミネンス。

車名、長いですね。

IMG_8382.jpg

今回も、眼福でした。

IMG_8384.jpg

ところで初代ローレル、「たしか『フレッシュマン若大将』に出ていたよなぁ』と気になって仕方なく、DVDで確認したのですが、確かに出てました。

最終盤に(結局、全部見てしまった。原稿書けよ)。

IMG_8393.jpg

書き出したらキリがないんでやめますが、日東自動車(日産自動車)新入社員の『フレッシュマン若大将』(1969年/東宝)、見どころ満載です。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 

NISMOショールームのフェアレディZ [モータースポーツ]

NISMOショールームは2022年4月以降、金曜日、土曜日、日曜日に営業しています。

詳しくはこちらでご確認ください↓
https://www.nismo.co.jp/showroom/

取材でお邪魔したおりに観察したところ、出入り口を背にして左側の展示スペースには、「Z」のレース車両が3台展示してありました。

IMG_8275.jpg

角度を変えて見るとこんな感じ。

IMG_8305.jpg

出入り口側の1台は、JGTC・GT500仕様の「モチュールピットワークZ(Z33、2004年)」です。

VQ30DETT型、3L・V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。

IMG_8279.jpg

中央はSUPER GT GT500車両の「XANAVI NISMO Z(Z33、2007年)」です。

VK45DE型、4.5L・V8自然吸気エンジンを搭載。

IMG_8283.jpg

奥はSUPER GT GT300車両の「TOMICA Z(Z33、2010年」です。

VQ35DE型、3.5L・V6自然吸気エンジンを搭載。

IMG_8288.jpg

2022年のSUPER GTを走るNissan Z GT500はこんなふう。

新型Nissan Zがベースです。

01_2022_GT3-07167.jpg

新型Nissan Zは、SUPER GTのオフィシャルセーフティカーとしても活躍中。

220526-01_001.jpg

スーパー耐久シリーズ第2戦の富士24時間(6月4日〜5日決勝)では、カーボンニュートラル燃料を使用したNissan Z Racing Conceptが走りました。

やはり、新型Nissan Zがベース。

#230 Nissan Z Racing Concept_220604.jpg

新しいフェアレディZは日産グローバル本社ギャラリーで展示中です。

IMG_8367.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

アウトランダーPHEV「開発者の想い」シリーズ [クルマ]

YouTubeのおすすめに出てきたのでポチッとしたところ、はまって全部見てしまいました。

三菱アウトランダーPHEVがテーマ。

技術要素ごとに、担当者が開発にこめた思いを語ります。

目で涼んでください↓

IMG_6539.jpg

各回1分半から2分程度なのがいいですね。

飽きのこない長さで、しかも、要点がよくまとまっています。

アウトランダーPHEV Vol.1「ドライブモードセレクター」篇


アウトランダーPHEV Vol.2「3列目シート」篇


アウトランダーPHEV Vol.3「PHEV ECU」篇


当事者が説明しているので説得力があります。

アウトランダーPHEV Vol.4「フル液晶ドライバーディスプレイ」篇


アウトランダーPHEV Vol.5「燃料タンク」篇


アウトランダーPHEV Vol.6「ワイパーウォッシャー」篇


どれどれ? と、乗って確かめてみたくなりますね。

アウトランダーPHEV Vol.7「ヒートポンプ式エアコン」篇


アウトランダーPHEV Vol.8「20インチタイヤ」篇


アウトランダーPHEV Vol.9「駆動用モーター」篇


Vol.7〜9は6月30日にアップされています。

続編あるのでしょうか。期待しています。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 

【技術開発特別講演】フォーミュラー1 レース パワーユニットの開発(見逃し配信あり) [F1]

『人とくるまのテクノロジー展 2022 NAGOYA』の開催3日目、7月1日にオンラインで『フォーミュラー1 レース パワーユニットの開発』の講演がありました。

講演者は株式会社ホンダ・レーシング 常務取締役 四輪レース開発部 部長の浅木泰昭氏です。

2021年まではHRD Sakuraセンター長 兼 F1プロジェクトLPL(総責任者)を務めていました。

『人テク』展展示会事務局は浅木さんの講演について、「2021年F1世界選手権にて、近年希にみる激戦を制し、“ドライバーズチャンピオン”の獲得に貢献したHonda F1レースパワーユニットについて技術解説します」と紹介しています。

7月4日(月)、5日(火)に見逃し配信を予定しているそう。

詳細はこちら↓
https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/nagoya/technological_development_presentations/

講演は1時間ほどで、2015年以降のパワーユニットの紹介だけでなく、1964年〜68年の第1期、1983年〜92年の第2期、2000年〜08年の第3期についての言及もありました。

なぜ、ホンダはレースをやるのか、についても。

2015年〜21年の第4期に関しては、3月にまとめた『ホンダF1のテクノロジー』で見覚えのある図や写真がたくさん出てきました。

Honda_F1_P002-003_s.jpg

「高速燃焼」は動画での紹介もありました。

Honda_F1_P010-011.jpg

プレチャンバーの紹介もありました。

Honda_F1_P038-039.jpg

総削りシリンダーヘッドやブロックを採用した新骨格ICEの話も。

Honda_F1_P036-037.jpg

『ホンダF1のテクノロジー』は、講演の内容を振り返るのに適しています(と、宣伝)。

Honda_F1_P024-025.jpg

撮り下ろし写真&初公開図版満載です(と、重ねて宣伝)。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(0)  コメント(0)