SSブログ

「バハ1000」に出場するグリッケンハウスの燃料電池車 [モータースポーツ]

ハイパーカーでル・マン24時間に参戦するグリッケンハウス(Glickenhaus)が、バハ1000(Baja 1000:メキシコのバハ・カリフォルニア半島で開催されるオフロードレース)に投入する燃料電池のレース車両を発表しました。

GH_FC_2.jpg

重量エネルギー密度の観点では、バッテリーは液体燃料の代替にはなりえない。車両が大きくなるほどバッテリーEVは向いておらず、水素にも可能性はあるというわけです。

携帯電話やスクーター、バイク、小さなクルマにはバッテリーが向いているが、ミドルサイズ以上のクルマは水素を燃料として発電し、モーターを駆動して走る燃料電池車が最適だというのが、グリッケンハウスの考え。

ピックアップトラックもしかり。バッテリーEVの場合はバッテリーを搭載するぶん積載量やトーイングキャパシティが減るし、長い充電時間が問題だと。

GH_FC_1.jpg

そこで、燃料電池の可能性を示すと同時に技術を磨くため、バハ1000に挑戦するのだといいます。

クレイジーな挑戦かどうかは、「そのうちわかる」だろうと。

GH_FC_3.jpg

技術詳細は未公表ですが、荷台に搭載しているのは液化水素タンクのよう。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0)