SSブログ

【TAS 2022】4輪モーターのSTI E-RA CONCEPT [モータースポーツ]

フル電動車両できましたか。

SUBARU(スバル)は同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同で、STI E-RA CONCEPTを『東京オートサロン 2022』で公開しました。

IMG_0832.jpg

「E-RA」はElectric-Record-Attemptの略。「電気」による「記録挑戦」ということですね。

STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めた命名だそうです。

何の記録に挑戦するかといえば、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムです。

IMG_0823.jpg

2022年は国内のサーキットなどで走行実験を重ね、2023年以降にニュルブルクリンク北コースで400秒(6分40秒)のラップタイムに挑戦するのが、最初の目標。

IMG_0850.jpg

STI E-RA CONCEPTは各輪にモーターを搭載(合計4基)。

ヤマハ発動機製で、システム最大出力は800kW(1088ps)。バッテリー容量は60kWh。

独自のトルクベクタリングシステムを搭載しているのがポイントで、「走りの愉しさを最重要課題としたドライバー志向の制御で、4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させることで、グリップレベルを最大限に引き上げるとともに、車体の姿勢を安定させる技術」と説明しています。

IMG_0808.jpg

ヤマハ発動機による、モーターに関する動画↓



動画で説明のあるようなレイアウトになっているのでしょうか。

EVのプロトタイプ車両によるニュルブルクリンク北コースのタイムアタックといえば、2019年6月にタイムアタックして6分5秒336を記録したVW ID.Rが思い浮かびます。

VW ID.Rは前後に2基のモーターを搭載し、最高出力は500kW(680ps)でした。

08_2019-06-03-VWM-BK1-0911.jpg

ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックするとなると、ドライバーが安心してアタックするためにも、ダウンフォースのオバケにする必要がありそうですね。

IMG_0825.jpg

続報、楽しみです。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車