SSブログ

フォーミュラEシーズン8(2022年)の規則変更点 [モータースポーツ]

2022年1月に開幕するフォーミュラEのシーズン8について、競技規則の変更がいくつか発表されたので、まとめておきます(画像はすべてFormula E)。

FE_S8_1.jpg

・最大10分のレース時間延長

セーフティカーやフルコースイエローが発令された場合、レース時間を最大10分延長することになりました。

現状は45分+1周です。

セーフティカーやフルコースイエローが出ている時間が長いと、レースする時間が短くなってしまいます。

エネルギーマネジメント面で問題ないことを確認したうえで、その対策をしたということでしょう。

FE_S8_2.jpg
(クリックで拡大)

・最高出力の引き上げ

レース中の最高出力はシーズン7の200kWから、シーズン8は220kWに引き上げられます。

また、各ドライバーがアタックゾーンを通過することで機能するアタックモード時の最高出力は、235kWから250kW(予選時と同じ出力)になります。

・予選フォーマットの変更

これまでは、4つのグループにわかれて6分間走行し、上位6名のドライバーがスーパーポールに進出。スーパーポールでは1台ずつタイムアタックしてグリッド順を決めていました。

シーズン8では、まず2つのグループにわかれて限られた時間内にタイムアタックを行います。

各グループの上位4名は、Aグループの1位とBグループの4位、Aグループの2位とBグループの3位のような組み合わせで対戦。準々決勝〜準決勝〜決勝と行い、ポールポジションを決めていきます。

FE_S8_3.jpg
(クリックで拡大)

シーズン8のカレンダーも発表されました。

2022年1月28日のディルイーヤ(サウジアラビア)戦で開幕。

ジャカルタ(インドネシア)、バンクーバー(カナダ)、ソウル(韓国)が新しい開催地として加わっています。

フォーミュラEのシーズン8は、8月13日〜14日にソウルで行われるダブルヘッダー(第15戦、第16戦)でクライマックスを迎えることになります。

FE_S8_4.jpg
(クリックで拡大)

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0)