SSブログ

日産の可変圧縮比エンジン(の機構) [クルマ]

MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.170 技術の日産 (モーターファン別冊)』では、可変圧縮比(容積比)エンジン(KR20DDTT、2.0L・直4ターボ)がどのような背景で生まれ、どんな技術で成り立っているのか解説しています。

マルチリンク式可変圧縮比(容積比)機構を用いて、圧縮比(容積比)を連続可変で制御しています。

IMG_6215.jpg

実際はこんなふうです。

VC_Turbo.jpg

ピストン冠面はこんなふう(ちょとボケてますが)。

IMG_6217.jpg

実はクランクピンを挟むリンクの締め付けボルトが驚きの強度だったりします。

IMG_8740.jpg

KR20DDTTを搭載するインフィニティQX50(手前)と、ニッサン・アルティマを試乗させていただきました(どちらも、ジヤトコ製CVT8を搭載)。

IMG_8756.jpg

詳しくは、『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.170 技術の日産 (モーターファン別冊)』でご確認ください。

IMG_8771.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0)