SSブログ

VI-gradeのケーブル駆動シミュレーター [クルマ]

VI-gradeがドライビングシミュレーターの新シリーズを発表しました。

DiM400_1b.jpg

VI-gradeのシミュレーターは、下の写真のように6軸アクチュエーターで動くポッドが3軸のフローティングパッドに載っているのが特徴です。

DiM150_1b.jpg

新シリーズはフローティングパッドがケーブルで動きます。

DiM400_2b.jpg

動画で確認すると、よりしなやかに、かつダイナミックに動いているのが見てとれます。

アクチュエーター駆動だったDiM150/250よりも、大きな前後/左右Gを発生させることができるそう。

アクチュエーター駆動のDiM150が動く様子はこちらでご確認ください(アウディスポーツがフォーミュラEの開発で適用)。

DiM150の導入第1号はフェラーリでした。



ケーブル駆動シミュレーターDiM400が動く様子はこちら。



下の動画では、システム全体の構成を説明しています。



VI-gradeのCTOが、新しいケーブル駆動シミュレーターについて説明しています。



導入第1号はどのメーカー/チームになるのでしょう。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0)