SSブログ

マレリ(旧カルソニックカンセイ)のヘリテージギャラリー [モータースポーツ]

マレリ(旧カルソニックカンセイ)の本社屋地上階奥にヘリテージギャラリーがあります。エントランスの展示コーナーと違い、立ち入り禁止エリアにあります。

Motor Fan illustrated Vol.157』で取材に訪れた際、案内していただきました。

IMG_3255.jpg

カルソニックカンセイ時代に訪問したので、マレリとカルソニックカンセイが共存していました。

IMG_3273.jpg

向かって左側が企業の歴史、右側はモータースポーツの歴史で、年代が呼応するようにエピソードが並んでいます。

IMG_3271.jpg

マレリをさかのぼっていくと、社名はカルソニックカンセイ〜日本ラヂヱーターになるのですが、日本ラヂヱーターの設立母体は蜂巣工業所(1932年)。社名は銅製ラジエーターコアの形状に由来。

IMG_3182.jpg

蜂巣工業所からいくつかの変更を経て、1952年に社名は日本ラヂヱーターになります。略称は「ニチラ」。ありましたね。

IMG_3187.jpg

Motor Fan illustrated Vol.157』の「技術の出発点」で取り上げているアルミラジエーターが量産化されたのは、1984年でした。

IMG_3201.jpg

企業関連のエピソードを紹介するコーナーのなかに、モータースポーツのエピソードが入り込んでいます。現在でも量産ラジエーターの主力を占めるB型チューブは、モータースポーツで生まれたから(1989年)。

このエピソードも『Motor Fan illustrated Vol.157』で触れています。

IMG_3212.jpg

モータースポーツのパネルを見ていきましょう。「CALSONIC伝説」は、日本ラヂヱーター時代の1982年に始まりました。

IMG_3214.jpg

カルソニック(ブルー)といえば、スカイラインGT-R(BNR32型)を思い浮かべる方も多いと思います。

IMG_3218.jpg

マレリ(旧カルソニックカンセイ)はF1、プロトタイプ、インディカー、スーパーGTなど、さまざまなカテゴリーの車両に、熱交換器を供給してきました。

IMG_3238.jpg

最新事例のひとつは、SUPER GT GT300クラスのBMW M6 GT3(Team Studie/2017年)。V型ディンプルチューブの採用で、(既存品よりも)高い冷却性能を発揮。

実はマレリ側に開発を依頼(仲介)したのは、F1解説でおなじみの森脇基恭さん。日本GPの際に、「そんなことあってんですってねぇ」と話を向けたら、「いやぁ、あれはよく冷えたよ」とおっしゃっていました。

IMG_3245.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0)