So-net無料ブログ作成

トヨタC-HRちょい乗り [クルマ]

トヨタC-HRはカッコが良くて、

IMG_4498.jpg

走りがいいクルマでした。

IMG_4505.jpg

コーナーに差し掛かってもそう大きくロールしません。にもかかわらず、硬くない。車体骨格がしっかりしているし、脚がよく動いているのでしょう。段差乗り越しのショックは角を丸めて伝えます。

ハイブリッドシステム搭載車はFF、1.2L・4気筒直噴ターボエンジン搭載車は4WDです。ダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションまわりを見てみます。

FF車(ハイブリッドシステム搭載車)
IMG_4457.jpg

4WD車(ターボエンジン搭載車)
IMG_4475.jpg

上級グレードに設定のシート柄、いいですねぇ。

IMG_4546.jpg

電動パーキングブレーキを採用。シフトレバーは見た目も操作感も上質です。

IMG_4568.jpg

後席に人を乗せることをあまり考えていないのは、ドアハンドルの位置からもうかがえます。腰の位置ではなく、一見気づきにくい位置に溶け込ませて2ドア風に処理するのは、よくある手法。使いにくいハンドルも多々ありますが、C-HRのリヤドアハンドルは上からガッとつかんで開くタイプで、使いにくさは感じませんでした。

後席にアシストグリップがないのも割り切りでしょう。ただ、乗り心地や足元スペースに不満はありません。

IMG_4561.jpg

割り切りはエンジンのお化粧にも見て取れます。C-HRと同じハイブリッドシステムを搭載するプリウスのエンジンルームはこんなふう。

プリウス
IMG_8065.jpg

C-HRはこちら。さっぱりしています。

C-HR
IMG_4437.jpg

1.2L・4気筒直噴ターボを搭載するオーリスのエンジンルーム。

オーリス
IMG_9132.jpg

こちらはC-HR。やはり、すっきり。

C-HR
IMG_4453.jpg

内外装の質やスタイリング、走りにこだわり、それらに影響ない領域は割り切ったということでしょうか。

穴が開いたリヤスポイラーにもこだわりがありそうです。

IMG_4532.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0)