So-net無料ブログ作成

ゴードン・マレーのシェル・コンセプト・カー [クルマ]

レース&ロードカーデザイナーのゴードン・マレーとGeoテクノロジー、シェルが共同でシティカーの開発を行っていることは、過去のエントリーでお伝えしておりました。

ゴードン・マレー×後藤治×シェルのプロジェクトM↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2015-04-12

当時のエントリーには「2015年11月の発表を目指して」と書いてありましたが、5ヵ月送れて発表に至りました。エネルギー効率が高く、環境負荷の低いシティカーの提案です。イギリスで一般的なシティカーに対し、ライフサイクルでのエネルギー使用量は34%少なくて済むとシェルは説明しています。

Shell Concept Car
ShellConceptCar_1.jpg

ぶさかわいい?

ShellConceptCar_6.jpg

おや?

ShellConceptCar_7.jpg

「ドアオープン」ならぬ「ドアアップ」。

ShellConceptCar_4.jpg

角度を変えて。

ShellConceptCar_3.jpg

ドライバーはセンターに座り、その左右やや後方にパッセンジャーが座る3名乗車。マレーが設計したマクラーレンF1(1993年)を想起させますね。そうれだけでもう、十分です(^_^)

ShellConceptCar_2.jpg
(クリックで拡大)

後方はデジタルリヤビューミラーで確認します。コンポジットのボディには、カーボンファイバーのリサイクル材も使用。

ShellConceptCar_5.jpg

リヤに搭載するエンジンは660cc・3気筒。Geoテクノロジーを通じ、日本の自動車メーカーから調達したものでしょう(リヤ置きであることを考えると……)。すべてのフルードはシェルが提供。エンジンオイルは専用開発品で、イギリスで入手可能な一般的なエンジンオイルに対し、5%の燃費改善効果があると説明しています。

ShellConceptCar_8.jpg

全長×全幅×全高は2.5×1.35×1.6m。最小回転半径は3m。車重は550kg。

ShellConceptCar_infographic.jpg
(クリックで拡大)

70km/hで定常走行した際の燃費は38km/Lだそう。後席を使用した状態でのラゲッジ容量は160L。

ShellConceptCar_spec.jpg
(クリックで拡大)

Shell Concept Car紹介動画↓


ゴードン・マレーがShell Concept Carを紹介する動画↓


実物、見てみたいですね。

ShellConceptCar_9.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車