So-net無料ブログ作成

2016年F1エンジン始動音・公式動画まとめ [F1]

2月22日にバルセロナ(スペイン)で始まる2016年F1シーズンに向けた合同テストが近づくにつれ、参戦コンストラクターのPR活動が活発になってきましたね。パワーユニットを開発・供給するコンストラクターは、相次いでファイヤーアップ(始動)時の音を収録した動画を公開しています。

まずはメルセデスAMG。動画の後半に横から眺めたテールパイプが映っていますが、2016年の技術規則に合致したテールパイプは初公開でしょう。2015年までと違って、メインのテールパイプの下に小さなパイプが2本見えています。2015年までは、ウェイストゲートを通過した排気はメインのテールパイプに合流していましたが(つまり、大径のパイプ1本)、2016年からはウェイストゲート用に独立したパイプを設けなければならず、その決まりに対応した格好。規則的には1本でも可ですが、メルセデスは2本採用しています。

排気音のボリュームを大きくするのが狙いですが、効果のほどはいかに。動画でさすがにわかりませんね。

MERCEDES AMG PETRONAS


お次はフェラーリ。肝心のエンジンはぼやけて見えません(涙)。メルセデスに比べて野性味ある音?

SCUDERIA FERRARI


そしてホンダです。収録した環境による影響もあるでしょうが、音は三者三様です。

McLAREN HONDA


ルノー・スポールF1チームは現在までのところ始動音を公開しておりません。ワークスチームとしての復帰を告知する動画をご覧ください。

RENAULT SPORT FORMULA ONE TEAM


http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:自動車