So-net無料ブログ作成

スバル・フォレスターなどにちょい乗り [クルマ]

マイナーチェンジしたフォレスター(自然吸気とターボ仕様)とXVに乗る機会がありました。

フォレスター(ターボ仕様)
IMG_5003.jpg

XV
IMG_5068.jpg

同じコースを周回したので乗り比べたような格好になりましたが、1台を選ぶとしたらフォレスターのターボ仕様。低回転から力のあるクルマは運転していて楽しいし、楽ですね。

それにこのクルマ、背の高いクルマだからちょっとコーナーを攻めたりするとゆらゆら揺れるだろうという先入観でもって臨むと、きっぱり裏切られることになります。コーナーでは前下がりでロールして、「ボクいま、しっかり踏ん張っています」という頼もしい情報を伝えてくれます。ごっつい体格しているのに俊足、かつ俊敏な動きを見せるラグビー選手のような感じ。

IMG_5027.jpg

「S♯」にパワートレーンのモードを切り換えると、一段と元気になります。CVTなんですが、強い加速や減速をつくると、ATのようなステップを踏んで加減速します。減速時はブリッピングして回転合わせを行います。これ、気分が盛り上がりますね。

外観眺めていて「あれ?」と思いました。ターボエンジン(FA20/2.0L・水平対向4気筒直噴ターボ/206kW/350Nm)搭載車なのに、ボンネットフードにインタークーラーへの空気を取り込む開口部がない。ひょっとして、インタークーラーはバンパーの後ろ? と思いましたが、そんなことはなくて、いつもの位置にあります。

IMG_5049.jpg

ボンネットに穴は開いていまいのに、空気はどこから取り込むんだろう。と、気になりますね。グリルから取り込んでいます。

IMG_5044.jpg
IMG_5045.jpg

ボンネット裏に配したダクトを通して、インタークーラーに導く構造。

IMG_5035.jpg

背の低いクルマと違って高さ方向を稼げるので、ボンネットの裏に空気を通す構造を採用した(採用できた)のでしょうか。

IMG_5028.jpg

床下の負圧を利用して吸い出すのでしょう。

IMG_5021.jpg

スバルのハイパフォーマンス仕様は背の低いクルマに限らず、乗り手のくすぐりどころを心得ているよう。

IMG_5059.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0)