SSブログ

【人テク2024】NIPPOの低μタイル - 圧雪路面の再現は難しい? [クルマ]

散発的で恐縮です。今回は路面のスペシャリスト、NIPPO(ニッポ)のブースから。

自動車メーカーや部品メーカーのテストコースの路面づくりを行っています。

IMG_8870.jpg

鈴鹿サーキットの「NIPPOコーナー」(逆バンクのつぎ)でもおなじみですね。

富士スピードウェイやモビリティリゾートもてぎのレーシングコース建設にも携わっています。

IMG_8868.jpg

人テク展では、テストコースの低μ路(テイ・ミュー・ロ)に敷く低μタイルが展示されていました。

IMG_8851.jpg

「300」や「500」などの数字はμ(ミュー:路面抵抗)を表しています。

300はμ=0.3、500は0.5相当です。

IMG_8878.jpg
IMG_8864.jpg

タイルの上に水を撒くと、0.3だったり、0.5だったりのμになります。

氷雪路相当の100(0.1)や150(0.15)の表面は、浴室タイルのようにツルツルです。

IMG_8873.jpg
IMG_8871.jpg

溝や突起はμを調節するため。

IMG_8875.jpg

引き合いが多いのは、圧雪路相当の350(μ=0.35)だそう。

ツルツルではなく適度なμを必要とするので、つくりが難しいのだそう。

IMG_8865.jpg

国内自動車メーカー、部品メーカーの採用例多し、だそうです。

低μ路に水を撒くノズルも手がけています。

IMG_8858.jpg

あまり高く飛ぶとフロントガラスに当たって視界を遮ってしまうので、低く、(μが安定するよう)まんべんなく飛ばすのがポイント。

話の奥が深いです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント