SSブログ

【TAS 2024】トヨタにマツダ、2024年はエンジン開発復活の年? [クルマ]

2024年1月12日金曜日、『東京オートサロン2024』(幕張メッセ)に行ってきました。

9時半からは毎年恒例、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)の記者会見です。

今年は「普通のクルマ好きのおじさん」に戻った「モリゾウから新年のご挨拶」がありました。

IMG_0576.jpg

そのクルマ好きのおじさん(その実、トヨタ自動車会長ですが)は、昨年(2023年)、「トヨタにあるお願いをした」と言いました。

「カーボンニュートラルに向けた現実的な手段として、エンジンにはまだまだ役割がある! だから、エンジン技術にもっと磨きをかけよう! そういうプロジェクトを立ち上げよう!」と。

その提案に佐藤社長以下経営メンバーが賛同し、新たにエンジン開発を進めていくプロジェクトが動き出したと。

「ご期待いただければ」と付け加えました。

そのとき会場に映し出された画像がこちら。

IMG_0601_1.jpg

赤いヘッドカバーのエンジン、気になりますね。

IMG_0601_2.jpg

エンジンにだけ愛情を注いで、バッテリーEV(を含めた電動車両)を敵対視しているわけではありません。

「真実はひとつ。敵は炭素」です。

目的はカーボンニュートラル。

選択肢はひとつではありません。

IMG_0602.jpg

「みなさん一緒に未来を作っていきましょう」と話し、挨拶を締めくくりました。

IMG_0604.jpg

エンジン好きとしては(モーターが嫌いなワケではありません)、楽しみでしかありません。

11時半になってマツダのプレスコンファレンスに出てみると、毛籠勝弘代表取締役社長兼CEOが、2023年のジャパンモビリティショーで披露した『MAZDA ICONIC SP』が好評だったと、感謝の言葉を述べました。

IMG_0697.jpg

アイコニックSPは、発電用の2ローター・ロータリーエンジンを縦置きに搭載するコンパクトスポーツカーのコンセプトモデルです。

「多くの賛同、そして激励をいただきました。大変うれしく、とても感謝しています」と話しました。

IMG_5421.jpg

「みなさまに背中を押され」と、話は続きます。

「この夢に近づくべく、2月1日にロータリーエンジンの開発グループを立ち上げます」

「カーボンニュートラル時代に向けた課題をブレークスルーするため、エンジン方式の垣根を越えた広い技術的視座と最先端の内燃機関技術、そしてマツダ得意のモデルベース開発の使い手としての鍛錬を積んだエンジニアたちが再結集します」

「越えるべき技術課題はそう甘くないですが、飽くなき挑戦の新しいチャプターへの一歩を進められれば、と思っています」

そう話しました。

IMG_0692.jpg

2ローター・ロータリーエンジンを開発してアイコニックSPの量産型に積むの? と期待がふくらんでしまいます。

トヨタもマツダも、進捗、楽しみです。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント