SSブログ

メルセデスAMG「ONE」の生産仕様発表(その2) [クルマ]

生産仕様が発表されたメルセデスAMG ONEの機能上の特徴について、説明を続けていきましょう。

プラグインハイブリッドシステムを搭載している「ONE」は、6つのドライブモードを備えています。

システム起動後の発進は、フロントに搭載する2基のモーターのみで行います。つまり、EV走行。その間に、ヒーターを使って触媒を暖機しておく仕組み。触媒が適正な温度に達するまでは、エンジンを始動させない制御としているそう。

22C0211_007.jpg

Race Safe(デフォルト):始動直後はEV走行。大きな出力が要求された場合のみエンジンが始動。
Race:電気パワーをフルに生かせるよう、エンジンは常時運転し、バッテリーへの充電を行う。
EV:モーター走行。
Race Plus(サーキット専用):アクティブエアロが起動。ライドハイトがフロント37mm、リヤ30mm低下。シャシーは引き締める方向。高い性能を発揮するマネジメントに切り換える。
Strat 2(サーキット専用):Race Plusよりもパフォーマンスを重視したセッティング。F1の予選モードに相当。すべてのモーターをフルパワーで使う。
Individual:好みの組み合わせを選択できる(ただし、公道のみ)。

22C0182_001.jpg

トランスミッションは、専用開発した7速オートメーテッド・マニュアル・トランスミッションを搭載。クラッチの断接と変速操作を自動化したトランスミッションで、いわゆるAMTということでしょうか。

シフトロッドと4プレートのカーボンクラッチは油圧で作動。

22C0182_002.jpg

下の写真は2017年のIAAで撮影したローリングシャシーです。

前後のサスペンションは、ダブルウィッシュボーン式のAアームを2本のロッドに分割したマルチリンク式。ダンパー&コイルスプリングの作動はプッシュロッドによって行う構造でした。

生産仕様も当時のレイアウトを受け継いでいるのでしょうか。

ダンパーは減衰力調整式で、EV/Race Safe/Race/IndividualでC(コンフォート)とS(スポーツ)が選択可。

Race PlusとStrat 2ではS(スポーツ)とS+(スポーツ+)が選択できます。

IMG_6423.JPG

ベースとなったF1とは異なり、公道を走る「ONE」はABSとESP(ESC)を搭載。

ESPには標準のESP(安全性を重視した制御)とESPスポーツハンドリングモード(大きなヨーアングルを許容)、ESPオフの3種類があり、「トラック」モードでも3種類すべてのESPモードが選択できます。

22C0182_003.jpg

エンジンとハイブリッドシステムの解説動画はこちら↓





(つづく)

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(1) 

nice! 3

コメント 1

タカ

すごい…市販車なのにロールとヒーブが独立している…トーションバーとかも無さそうだから完全独立?
by タカ (2022-06-02 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント