SSブログ

オペルの日本再参入とデザインの方向性 [クルマ]

オペルは2021年後半に、日本市場に再参入すると発表しました(2006年以来の復活)。

IMG_8127.jpg

オペルは2017年からグループPSA(ほかにプジョー/シトロエン/DS/ボクソール)の一員となっており、日本ではグループPSAの直営事業となります。

2021年の再参入時には、欧州でデビューしたてのコルサ(上の写真)に加え、CセグメントSUVのグランドランドXを導入。

IMG_8105.jpg

それに、多機能ハイルーフステーションワゴンのコンボライフを加えた3モデルを導入します。

コルサはガソリンエンジン搭載モデルに加え、電気自動車も導入する予定。

IMG_8114.jpg

まずは、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸などで、稲妻のロゴの販売店網を構築していくそう。

ドイツらしさを強調するため、「Autohaus(アウトハウス)」の名称を使います。

IMG_8115.jpg

オペル・デザインの新しい方向性を示すのが、2018年11月に発表したGT Xエクスペリメンタルです。

全長4.06mの電動SUV。

Opel-GT-X-Experimental-504441_0.jpg

今後のオペルの新しいデザインを構築するにあたり、マンタ(1970年)を再検証したそう。

Opel-503194.jpg

その結果、ボンネットフードの折れ線を引用することにしました。この特徴を「オペル・コンパス」と名づけています。

これにウイングシェイプのデイタイムランニングライトを組み合わせるのが、新しいオペルの顔というわけです。

Opel-GT-X-Experimental-504443_0.jpg

オペルGT Xエクスペリメンタルはこのコンパスに、「オペル・バイザー」を組み合わせています。

Opel-GT-X-Experimental-504818_0.jpg

バイザーは未来を象徴するデザイン要素で、スポーツサングラスをかけたイメージ。灯火類だけでなく、カメラやレーダーなども一元化して収めます。

Opel-GT-X-Experimental-Sunglasses-504866_0.jpg

インテリアもエクステリアと同様、「新しいドイツらしさ」を意識してデザインされています。

必要な要素を幅広のスクリーンにまとめているのが特徴で、これを「ピュアパネル」と呼んでいます。

Opel-GT-X-Experimental-504107_0.jpg
Opel-GT-X-Experimental-504865_0.jpg

オペルも他の多くの欧州ブランドと同様、バーチャルな環境/技術を活用してインテリアをデザインしているよう。

Opel-GT-X-Experimental-504853_0.jpg

オペルGT Xエクスペリメンタルの方向性、個人的にはだいぶ好みです。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

harry

現行のラインナップの中では"CROSSLAND X"が
なかなか魅力的だと思っていたのですが、
2008との競合を避けたのでしょうか...ちょっと残念です。
by harry (2020-02-25 22:59) 

世良耕太

よくよく議論した末に、泣く泣く「落とした」のでしょうか。確かに、魅力的ですね。
by 世良耕太 (2020-02-27 14:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント