SSブログ

DTMをサポートする電動レースシリーズの提案 [モータースポーツ]

DTMをプロモートするITRは、電動車両によるレースシリーズのコンセプトを発表しました。

突然の過激なコンセプト提案ですが、「立ち止まることは後退を意味する」と、ITR会長のゲルハルト・ベルガーはコメントしています。2022年にDTMをハイブリッド化する検討も行っていますが、それでは生ぬるいということでしょうか。

エネルギー源はバッテリー、もしくは燃料電池です。バッテリー/燃料電池、モーター、パワーエレクトロニクスなどの基幹コンポーネントは共通化する方向。

DTM-1573106373.jpg

コンセプト動画を見ると、モーターはフロントとリヤにそれぞれ1基ずつ搭載していることがわかります。

DTM-1573106389.jpg

最高出力は1000ps超、最高速度は300km/h超を見込んでいます(BMWのマスクが、キドニーグリルの大きな新世代であることに注目。手が込んでます)。

DTM-1573106468.jpg

40分間のレースでは、途中、バッテリーパック/水素タンクの交換と、タイヤ交換の義務付けを考えています。

交換作業はロボットが行う想定。

DTM-1573106357.jpg
DTM-1573106450.jpg

技術やコストの面での検討を重ねながら、実現の可能性を模索していくことになります。

ヨーロッパは一足飛びに行きますねぇ。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント