So-net無料ブログ作成

【WEC】トヨタTS050ハイブリッドのウルトラハイダウンフォース仕様 [モータースポーツ]

WEC(世界耐久選手権)の後半戦が始まり、新しい空力パッケージが登場しました。2016年シーズンのLMP1は空力パッケージが年間3仕様に制限されています。どのチームも、

第1戦シルバーストン、第2戦スパ→ハイダウンフォース仕様
第3戦ル・マン→ロードラッグ仕様
第4戦ニュルブルクリンク以降→ウルトラハイダウンフォース仕様

で臨むよう。トヨタTS050ハイブリッドを例に、変遷を振り返ってみましょう。

Toyota TS050 Hybrid - Ultra High Downforce Package - Rd.4
TS050_Rd4_Front1.jpg
(クリックで拡大)

真横のアングルで比較した方がわかりやすいのですが、ウルトラハイダウンフォース仕様はフロントフェンダー前部のボリュームが、ハイダウンフォース仕様よりも小さくなっています。カナード(1)の傾斜が大きいですね。フェンダー上面開口部の手前は跳ね上がっています(2)。

リヤウイング翼端板(3)は、ル・マンに投入した三角形状を継続して用いています。

Toyota TS050 Hybrid - High Downforce Package - Rd.1
TS050_Rd1_Front1.jpg
(クリックで拡大)

↑フェンダーのボリュームの違い、わかるでしょうか。カナードの形状も異なっています。

↓ロードラッグ仕様はフロントフェンダーのボリュームが大きく、前面が切り立っています。

Toyota TS050 Hybrid - Low Drag Package - Rd.3
TS050_Rd3_Front4.jpg
(クリックで拡大)

俯瞰ぎみのアングルで見比べてみましょう。コースの特性に合わせたのでしょうか、第2戦スパに持ち込んだ仕様では、フェンダー上面開口部の跳ね上げアタッチメントが装着されていません(矢印)。

Toyota TS050 Hybrid - Ultra High Downforce Package - Rd.4
TS050_Rd4_top.jpg
(クリックで拡大)

Toyota TS050 Hybrid - High Downforce Package - Rd.2
TS050_Rd2_Top.jpg
(クリックで拡大)

Toyota TS050 Hybrid - Low Drag Package - Rd.3
TS050_Rd3_Top.jpg
(クリックで拡大)

ディフューザーとリヤカウル後端の隙間から、ウルトラハイダウンフォース仕様はハイダウンフォース仕様と同様、カウル後部が大きく跳ね上がっている様子がわかります(4)。ただし、前述したリヤウイング翼端板に加え、リヤフェンダー後端開口部の処理はル・マンに持ち込んだ仕様を受け継いでいます(5)。

Toyota TS050 Hybrid - Ultra High Downforce Package - Rd.4
TS050_Rd4_Rear.jpg
(クリックで拡大)

Toyota TS050 Hybrid - High Downforce Package - Rd.1
TS050_Rd1_Rear.jpg
(クリックで拡大)

Toyota TS050 Hybrid - Low Drag Package - Rd.3
TS050_Rd3_Rear.jpg
(クリックで拡大)

特徴あるリヤフェンダー後端開口部の処理を見てみましょう(第3戦ル・マン仕様)。水平方向のルーバーで目隠し(車軸より上が見えてはいけない規則を満たすため)をするのが一般的ですが、TS050の場合はボートテール状の物体を収めています。別アングルの写真はル・マン WECのテクノロジー 2016 (モーターファン別冊)に収録。

IMG_6636.jpg



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 5

コメント 3

Kora Seita

ところがニュルブルクリンク仕様、もうすこし足りなかったみたいだね。

by Kora Seita (2016-07-24 18:29) 

カーリー

ダウンフォースが足らないのか、そもそもパワーで劣っているのか・・・

しかし、よくよく見れば細かくいろいろ変わってますが。
細かすぎて効果は限定的でしょうね。

ドラッグ軽減メインの開発ではそろそろ限界ではないかと思ってしまいますね。

全長の長いLMならばともかく。他のサーキットでは常にバックマーカーによってフレッシュエアが当たらないのですから、もっとドラッグ増えてもダウンフォースがないと抜いていけないのではないかとおもいます。

スパでもバックマーカーが増えてからトヨタ2台は離れていったように見えましたし・・・
by カーリー (2016-07-25 12:31) 

世良耕太

話題になったル・マンの後だけに注目度も高かったと思いますが、それだけになおさら、落胆も大きいですね。
by 世良耕太 (2016-07-25 16:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント