So-net無料ブログ作成

【F1】左右非対称なフロントブレーキの冷却 [F1]

バルセロナ・カタルーニャサーキットは右回りゆえ、旋回内側にあたる右側はタイヤの陰に隠れて空気が入りにくいのでしょう。フェラーリのブレーキシュラウドを見ると、車両右側は左側に比べて開口部が大きくとられています。ブレーキディスクの露出は大きいし、ディスクの前側に位置するダクトも、わざわざ窓を設けてブレーキユニット方向に空気が抜けるようになっています。

IMG_3354.jpg
(クリックで拡大)

角度を変えて見てみると、ブレーキダクトの大きさが左右で異なるのも分かります(角度のせいもありそうですが)。

IMG_3055.jpg
(クリックで拡大)

トロロッソも同様で、ブレーキディスクの露出は大きく、ダクト開口部は車両左側に比べて右側の方が大きいのが分かります。

IMG_2946.jpg
(クリックで拡大)

左右対称ブレーキ冷却の例として、マノーを見ておきましょう。近年のはやりで、車両内側に大きなダクトを張り出させていないのが特徴。上の2台に比べると、サスペンションアームの下反角が大きいですね。

IMG_2981.jpg
(クリックで拡大)

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 2

たくや

車の進行方向からは旋回内側のダクトの方がよく見える気がするのですがどうなんでしょう?
by たくや (2016-05-17 23:23) 

世良耕太

動いているときのブレーキダクトまわりの空気の流れは、ステア角やスリップ角、ヨーの影響を受けますし、フロントウイングとダクトの位置関係も影響しそうです。旋回内側と外側で、どっちが空気が抜けやすいか、といった状況とも関連しそうですね。
by 世良耕太 (2016-05-18 07:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント