So-net無料ブログ作成

比較:2016年仕様のメルセデスAMG C63 DTM [モータースポーツ]

DTMマシンにインスパイアされた量産モデルの発表にタイミングを合わせた、ということなのでしょうが、メルセデス・ベンツは2016年仕様のDTMマシン、「メルセデスAMG C63 DTM」を発表しました。9月17日に一般公開が始まるIAA=フランクフルトモーターショーで正式に公開されます。ベース車両はメルセデスAMG C63クーペです。

空力の開発は2014年仕様のまま凍結(BMWとアウディは開幕時点。メルセデス・ベンツは温情措置で14年最終戦以降凍結。つまり第9戦までは開発可)されていますので、2015年仕様と2016年仕様は同じ空力アイテムを装着しています。ベース車両が変わっただけです。

2016年仕様
DTM_MB_2016_front.jpg

2015年仕様
DTM_MB_2015_front.jpg

フロントグリルやヘッドライトの形状が相違点。2015年仕様はスリーポインテッドスター背後のグリルを一部開口して使っていましたが、2016年仕様は現状、閉じています。

リヤスタイルを見てみましょう。リヤランプの形状が異なるせいで印象はずいぶん変わりますが、空力の仕様は同じ。

2016年仕様
DTM_MB_2016_rear2.jpg

2015年仕様
DTM_MB_2015_rear.jpg

変わっていないんですが、せっかくですので、ディテールを見てみましょう。フロントバンパーコーナー部に付いているカナードは、上下2枚が縦のプレートでつながっており、トンネル状になっているのが特徴。

DTM_MB_2016_detail1.jpg

ミラーのステーに凝っているのはDTM参戦各車両の特徴で、明らかに、リヤビューミラーを支えるだけではない機能が与えられています。

DTM_MB_2016_detail2.jpg

「ノ」の字を描いたフィンがたくさん付いているのがメルセデスAMG C63 DTMの特徴。

DTM_MB_2016_detail3.jpg

サイドダクトのリヤ側も同様にフィンがたくさん付いています。

DTM_MB_2016_detail4.jpg

アウディとBMWのリヤバンパーはクローズドですが、メルセデスAMGはオープン。リヤタイヤ後方の小さなフィンが目立ちますし、バンパー下面も同様。開口部の上にガーニーフラップが付いています。

DTM_MB_2016_detail5.jpg

ドラッグ増えてもいいからダウンフォース増やすぞ、という姿勢が伝わってきますね。

DTM_MB_2016_rear.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 4

コメント 2

マサカズ

初めまして、マクラーレンホンダの話題が騒がれていますが、新井さんの処遇どうなるのでしょうか気になります、ロンデニスが八郷社長に手紙を送った等何処まで本当なのでしょうか、個人的な考えですがフェルナンドアロンソは今年度の自分の置かれている立場を分かっていた礎の年なんだと見据えているような気がします、ロンデニスとは温度差が有るような気がします、焦りは禁物!。
by マサカズ (2015-09-07 21:49) 

世良耕太

煽情的なニュースは「話半分」で受け止めることにしています。「焦りは禁物」のご意見には100%同意です。外野の雑音に惑わされず、信念持って突き進んでほしいですね。
by 世良耕太 (2015-09-07 23:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント