So-net無料ブログ作成

東京オートサロン2015で見かけた「モータースポーツ」その1 [モータースポーツ]

マツダとトヨタ/レクサスを中心に見ていきましょう。途中、脱線しますが。

マツダのブースはホール1の南西の角に位置していたのですが、東から西に向かって広い通路を歩いていくと、ブースの角に展示してあるLMP2 SKYACTIV-Dレーシングが否が応でも目に入る仕組み。つまり、目立ってました。

DSCN5065.JPG

アメリカで開催されているTUDOR United SportsCar Championship(USCC)参戦車両ですね。量産スカイアクティブD(2.2L・直4ディーゼル)をベースに開発したエンジンを搭載しています。カウルの下、見たかったです。

DSCN5072.JPG

LMP2マシンに吸い寄せられた流れで、足がブースの奥に向かいます。マツダのブースにはお目当てが他にもあって、ひとつは日本初公開の新型CX-3(モータースポーツからちょっと離れます)。車高が40mm低いカスタマイズモデルはフロアに置いてあって自由に触れることができましたが、ノーマル仕様はステージ上。離れた位置から眺めるだけだったのは残念。

DSCN5079.JPG

「欲しい」クルマがCX-3なら、「乗りたい」クルマはスズキのアルト・ターボRSコンセプトでした。これは刺さってしまったなぁ。全方位眺め倒しました。

DSCN4936.JPG

モータースポーツに戻って、再びマツダへ。新型ロードスターとグローバルMX-5カップカー(右)です。グローバルMX-5カップカーは世界統一仕様のワンメイクレースカーで、2016年から日本、アメリカ、欧州でレースをスタート。最後に各地の代表を集めて世界一決定戦を行うプランを発表しました。グラスルーツに力を入れていく(今までも入れていますが)マツダのスタンスが伝わってきます。

DSCN5266.JPG

SUPER GT GT500車両はそこかしこで見かけました。もっとも多かったのはGT500のレクサスRC Fだったでしょうか。でも、レクサスのブースにあったのは、GT3車両。

独特の世界観で構築されていたのは2014年と同様。車両の周囲にたくさんのヘッドホンが吊り下がっており、RC F GT3の世界観を表現したミュージックや走行音を楽しめる趣向だったのですが、展示があまりにシュールだったせいか(?)、遠巻きに眺める人ばかり。で、シュールなムードが一層際立っていました。

DSCN4886.JPG

撮影した写真を振り返る段階で気づいたのですが、トヨタのLMP1カーが見当たりません。あれれ、ホンダでS660を見逃したように、トヨタで世界チャンピオンを獲得したマシンを見逃してしまったのでしょうか。ニュルブルクリンク24時間に出場したレクサスLFAは見かけたのですが……。

DSCN5226.JPG

クラウンの空色と若草色はきれいだったなぁ。

DSCN5216.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント