So-net無料ブログ作成

MFiテクニカルセミナー『最新トランスミッションの開発』@東京モーターショー2013 [クルマ]

東京モーターショーが始まりますね。一般公開日は11月22日(金)からですが、開催2日目の23日(土)にMotor Fan illustrated誌が主催するセミナーが開催されます。会場は会議棟703。参加費は1セミナーにつき3,000円、1日通しチケットは10,000円です。受付は11月22日13時まで。

詳細はこちら↓
https://ssl.sans-inc.net/input_form/motorfan/reg1_pc.php

テーマは「最新トランスミッションの開発」。具体的には──

1. 10:00〜11:00
ジヤトコのハイブリッド車用CVT“CVT8 Hybrid”の開発

横置きCVTからトルクコンバーターを取り去り、モーター&クラッチを収めたのがCVT8ハイブリッドです。エンジンとモーターの断続に「乾式多板クラッチ」を使うのがハイライトのひとつ。

DSCN6323.jpg

CVTはチェーン式。

DSC02301.JPG

2. 11:15〜12:15
ZFのFF用9速AT“9HP”の技術

縦置き8HPの完成度が高いだけに、横置き9HPへの期待は高まります。

DSCN7545.JPG

3. 13:15〜14:15
シェフラーが開発するDCT用デュアルクラッチの技術

ホンダ・フィット・ハイブリッドが搭載するi-DCD(モーター内蔵・乾式7速DCT)のデュアルクラッチおよび変速コントロール部分はシェフラーが担当(ホンダと共同開発)しています。

DSCN7419.JPG

2組のクラッチはなぜ径が違うの? などという疑問も解消するはずです。

DSCN7420.JPG

4. 14:30〜15:30
スバルXVハイブリッド搭載CVT“リニアトロニック・ハイブリッド”の技術

中容量リニアトロニックに駆動用モーターを追加したユニット。こちらもチェーン式。参加者は『スバル技報』がもらえるという内部情報を入手いたしました。

DSCN2297.jpg

5. 15:45〜16:45
登壇者とMFiによるパネルディスカッション

各メーカーの「トランスミッションの開発」について議論します。

6. 16:45〜18:00
懇親会

各チケットにて参加可能。(他社の? 異業種の?)エンジニアと交流したり、疑問を解消するいいチャンスかもしれません。

詳細はこちら↓
https://ssl.sans-inc.net/input_form/motorfan/reg1_pc.php


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント