So-net無料ブログ作成

アッシャーズレーベン建築散歩 [旅(海外)]

宿泊地であるアッシャーズレーベン(Aschersleben)から取材地のあるオッシャーズレーベン(Oschersleben)まで、毎日40kmを往復していたわけですが、通勤路にも魅力的な物件があって、たまらず途中下車しました。シンプルだけど、迫力あるたたずまい。

DSC03264.JPG

ファサードは広場の形状に合わせて弧を描いています。

DSC03270.JPG

ハンス・ヘックナー(Hans Heckner:1878-1949)の作。

DSC03269.JPG

裏手のらせん階段。

DSC03273.JPG

奥はレンガ造の工場(跡)です。

DSC03301.JPG

元鉄工所のよう。

DSC03281.JPG

ヘックナーの作品はアッシャーズレーベンに多く残っています。街の中心部にあるラットハウス(市庁舎)もヘックナーの作(1935年)。ヘックナーの名を冠した通りがあるほど、アッシャーズレーベンと結びつきの強い建築家のよう(探索したかった)。

DSCN7916.JPG

タマリマセンね。好きな建築家リストに入れました。

DSCN7925.JPG

集合住宅や一戸建てにも魅力的な物件多し。ひとけがありませんが、実際にほとんど見かけません。

DSCN7904.JPG
DSCN7901.JPG

こちらは1692年築。

DSCN7886.JPG

凝った装飾も多数。

DSCN7936.JPG
DSCN7941.JPG

建築散歩好きの方々、アッシャーズレーベン、おすすめです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント