So-net無料ブログ作成

『バルクヘッドを見れば車両コンセプトがわかる』 [モータースポーツ]

本当は『Motor Fan illustrated Vol.71 ル・マン24時間』号でやりたかったのですが、ひとりでできることには限界があり(と、言い訳)、WEC富士6時間での仕込みを経て掲載の運びとなりました。

MFi74_bulkhead.jpg

ル・マンやWEC開催時のピットレーンを歩いていると、こういう風景に出くわすことがたびたびです。フロントカウルが外れており、モノコックの前端断面、いわゆるバルクヘッドが丸見え。

DSCN5739.JPG

いろんなクルマのいろんなバルクヘッドを眺めていると、それぞれ特徴があるのに気づきます。まず、断面の形状が違う。断面積も違うし、低いのがあったり高いのがあったりで、高さも違う。サスペンションアームの角度や長さも違うし、ダンパーやスプリングの配置も違う。どうしてだろう? という疑問を解決すべく、童夢の湯地エンジニアに解説/推測していただきました。

DSCN5873.JPG

変わった企画(ほめ言葉でないような)との評判を得ております。『Motor Fan illustrated Vol.74』で掲載。全10ページ。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント