So-net無料ブログ作成

アンゲルバッハタールで飲むヴァイツェン [ビアライゼ]

朝から晩(いや、晩から朝か)まで原稿を書いていまして、それはそれで楽しいのですが(強がり)、飽きます。外に出っぱなしだと、たまにはこもりたいと思うし、こもりっきりだと外に出たいと思うもので、贅沢なもんです。

で、気分転換というか現実逃避というか。外に飲みに行けないし、食べにも行けないので、写真で我慢しましょう(と自分に言い聞かせる)。F1ドイツGP取材の際、お世話になった民宿です。普段は人を泊めることよりもレストランの営業で成り立っている感じ。中庭で飲むヘフェ・ヴァイツェン(Weihenstephan:老舗。ミュンヘン産)は最高です(500ml/3.1ユーロ)。

DSCN3227.jpg

1杯目、この泡を口に含む瞬間がたまらない。

DSCN3557.jpg

ピルス(König Pilsner:「コニグ」ではなく「ケーニッヒ=王様」。デュイスブルク産)もいただきました(300ml/2.5ユーロ)。苦み走っています。

DSCN3513.jpg

ちなみに、中庭はこんなところです。しょっちゅう鐘を鳴らす教会が見えます。

DSCN3221.jpg

食事をとるスペースはこんな感じ。納屋を改装?

DSCN3238.jpg

ビールのお供にシュニッツェル(付け合わせのポテト込みで10.6ユーロ)。

DSCN3229.jpg

野菜の下に豚肉が隠れています(7.9ユーロ)。スパイシー。

DSCN3506.jpg

朝食(6.5ユーロ)もいきましょうか。こちらが宿の外観。1階角が食堂(夜はレストラン)です。

DSCN3562.jpg

席に着いて建物の角方向を眺めるとこんな感じ。

DSCN3237.jpg

ドイツのシンプルな朝食。

DSCN3233.jpg

物足りなさそうにしていたら、スクランブルエッグを作ってくれました。

DSCN3235.jpg

気分転換になったかな(と自問自答)。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント