So-net無料ブログ作成

復原進む東京駅 [東京風景]

しばらく立ち寄らないうちに風景が変わっていました。東京駅(1914年、辰野金吾)の復原工事が進行中(2007年5月30日着工。竣工は2011年度末の予定)。

100_0074.jpg

工事エリアを囲うフェンスに東京駅がたどってきた歴史など、興味深い情報が写真や図版とともに並んでいるのですが、歩道が狭いうえに人通りが多く、立ち止まってじっくり読めないのが難です。

傷んだ歴史的建造物を竣工当時の姿に「復原」する作業が進行する一方で、「取り壊しの危機」が話題になっているのが、駅前広場南側に立つ東京中央郵便局(1931年、吉田鉄郎)。

100_0082.jpg

取り壊しが決まると、東京駅前を形成していた高さ100尺のスカイライン・最後の砦が消えてしまうことになりますね。高層ビルに建て替わった丸ビルも新丸ビルも、かつての建物のイメージを意図的に残した2段構成になっていますが、「昔、洪水があったときにここまで水がきた」印みたいで、しっくりしないですねぇ……。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント